お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

AI搭載カメラでできること「AIネットワークカメラ」と「AIアプリケーション」を紹介!
電源コード1本でZoomもTeamsも使える!スマートAIボード【ミーティング機能編】
第5回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 ネットワーク・システム技術

HUAWEI AirEngine 5761-21アクセスポイント(Wi-Fi 6対応)

弊社より当商品をご購入頂いたお取引先様のみ、石渡電気作成 日本語マニュアルPDF
「HUAWEIアクセスポイント初期構築手順書(メーカー確認済)
をご提供いたします。

①初期ログイン手順
②初期設定手順
③ファームウェアアップデート手順
④SSID_周波数分離
⑤周波数帯域幅設定
⑥管理用SSID_ステルス化
⑦LeaderAP解除手順
※詳しくは弊社営業担当までお問合せください。

 

 

 

 


※メーカー在庫潤沢!すぐにご用意いたします。
 弊社営業担当までお問合せください。

 


  Wi-Fi 6対応

AirEngine 5761-21アクセスポイント

6つの空間ストリームを提供する
高性能Wi-Fi 6 AP

 

 

 

 

中小規模企業のオフィス、小売店、教育機関など、高密度の屋内用のシナリオに最適

・最大データレート:5.375Gbps
・空間ストリーム:2+4
スマートアンテナ
GEポートx2

 

概要

AirEngine 5761-21アクセスポイント

ファーウェイのEngine5761-21は、Wi-Fi 6(802.11ax)に準拠した屋内型APです。2.4GHz(2x2MIMO)と5GHz(4x4MIMO)の周波数帯域で同時にサービスを提供し、最大5.375Gbpsのデバイス速度を実現します。APの内蔵型スマートアンテナにより、Wi-Fi信号はユーザーを追跡でき、ユーザーの無線体験が大幅に向上します。これらの長所により、AirEngine5761-21は、中小規模の企業オフィス、教育機関、小売店などの高密度室内でのシナリオに最適です。

 

■ 2.4GHz帯域と5GHz帯域の両方において同時にサービスを提供し、2.4GHz(2x2)では最大575Mbps、5GHz(4x4)では4.8Gbps、およびデバイスは5.375Gbpsの速度を実現。

■ 2xGEポート。

■ 内蔵型のスマートアンテナにより、STAに正確なカバレッジを提供し、干渉を減らし、信号品質を向上。

■ 外部IoTの拡張にUSBインターフェースを使用可能(ZigBeeやRFIDなどのプロトコルをサポート)。

■ 内蔵型のBluetooth、およびCloudCampusAPPを介してBluetoothシリアルインターフェイスベースのO&Mに対応し、ロケーションサーバーと連携してBluetooth端末の正確な位置を特定。

■ Fat、Fit、Leader APおよびcloudの4つの動作モードに対応します。

 

 

AirEngine 5761-21アクセスポイント 機能

Wi-Fi 6テクノロジー

効率的なデータ伝送を実現するMU-MIMOとOFDMAに加え、1024の直交振幅変調(QAM)、6つの空間ストリーム、最大5.375Gbpsのエアインターフェースレートを提供します。

 

スマートアンテナ

デュアルバンドコプレーナスマートアンテナは干渉を自動で抑制し、信号強度を2倍にして、20%の広いカバレッジを提供します。死角ゼロの高品質なワイヤレスカバレッジを実現します。

 

クラウド管理

ファーウェイのクラウド管理プラットフォームはAPやサービスの管理を簡素化し、ネットワークの運用・保守(O&M)コストを削減します。

 

 

 

基本機能

■ 2.4GHz帯域と5GHz帯域の両方において同時にサービスを提供し、2.4GHz(2x2)では最大575Mbps、5GHz(4x4)では4.8Gbps、およびデバイスは5.375Gbpsの速度を実現。

 

Wi-Fi 6(802.11ax)標準

■ 802.11axはIEEE 802.11の最新世代のWi-Fi規格として、高密度アクセスシナリオでユーザー体験を向上させ、2.4GHzおよび5GHzの周波数帯域をサポートします。

■ 2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯域でのUL/DL MU-MIMOにより、APは複数のSTAとの間で同時にデータを送受信し、無線スペクトルリソースの使用率を向上させます。

■ 1024QAM変調により、802.11ac(256QAM)と比較してデータ伝送効率が25%向上します。

■ UL/DL OFDMAスケジューリングにより、複数のユーザーが同時に情報を送受信できるため、遅延は短縮して、ネットワーク効率が向上します。

■ 空間再利用(SR)テクノロジーは、基本サービスセット(BSS)カラーリングを使用して、APとSTAがBSSを区別でき、同一チャネル干渉を最小限に抑えます。

■ 目標起床時間(TWT)*により、APとSTAは互いにスリープ時間とウェイク時間をネゴシエートできるため、STAのバッテリ寿命が向上します。

*マークの付いた機能は、ソフトウェアアップグレードにより実装できます。

 

UL/DL MU-MIMO

■APはMU-MIMOをサポートし、2.4GHzの2つの空間ストリームと5GHzの4つの空間ストリームの最大6つの空間ストリームをサポートします。UL/DLMU-MIMOテクノロジーにより、APは複数のSTAに同時にデータを送信できます。これにより、無線スペクトルリソースの使用量が倍増し、アクセスユーザー数と帯域幅は増加し、高密度アクセスシナリオでのユーザー体験が向上します。

 

スマートアンテナアレイ技術

■デュアルバンドスマートアンテナアレイとインテリジェントスイッチオーバーアルゴリズムを備えたAPにより、アプリケーション環境とアクセス密度をインテリジェントに検出して、より正確な信号カバレッジと干渉の抑制を実現します。この設計は、各モバイルアクセスSTAに最適な信号カバレッジ方向と信号品質を提供し、ユーザーにシームレスでスムーズな無線ネットワークアクセス体験を提供します。

 

高速アクセス

■ APは160MHzの周波数帯域幅をサポートします。これにより、使用可能なデータサブキャリア数が増え、伝送チャネルが拡張されます。また、APは1024QAM変調とMU-MIMOを使用して、最大 0.575Gbps@2.4GHz無線、4.8Gbps @5GHz無線、およびデバイスで5.375Gbpsの速度を実現します。

 

高密度ブーストテクノロジー

ファーウェイは、以下のテクノロジーを使用して、アクセスの問題、データの輻輳、ローミング体験の低下など、高密度シナリオの課題に対処します。

- SmartRadioによるエアインターフェイス最適化

■ スマートローミング中の負荷分散:スマートローミング中に負荷分散アルゴリズムが機能し、STAローミング後にネットワーク上のAP間の負荷分散を検出し、各APのSTA負荷を調整して、ネットワークの安定性を向上させます。

■ インテリジェントDFAテクノロジー:動的周波数割り当て(DFA)アルゴリズムを使用して、隣接チャネルおよび同一チャネル干渉を自動で検出して、2.4GHzの冗長無線を識別します。自動AP間ネゴシエーションにより、冗長無線は自動で別モードに切り替えられる(デュアル 5G APモデルは2.4Gから 5Gへの切り替えに対応)、あるいは無効化され、2.4GHzの同一チャネル干渉を低減してシステム容量を増やします。

■ インテリジェント競合最適化テクノロジー:拡張型分散チャネルアクセス(EDCA)と通信時間スケジューリングアルゴリズムを使用して、各ユーザーのチャネル占有時間とサービス優先度をスケジューリングします。これにより、比較的均等なチャネルリソースの使用時間が各ユーザーに割り当てられ、ユーザーサービスは整然とスケジューリングされ、サービス処理効率とユーザー体験が向上します。

- エアインターフェイス性能最適化

■ 多くのユーザーがネットワークにアクセスする高密度のシナリオでは、低速度のSTA数が増加すると、エアインターフェイスでより多くのリソースが消費され、APの容量が減少して、ユーザー体験は低下します。そのため、ファーウェイAPはアクセス中のSTAの信号強度をチェックして、弱い信号のSTAからのアクセスを拒否します。同時に、APはオンラインSTAの速度をリアルタイムに監視し、低速度のSTAを強制的に切断して、STAがより強い信号のAPと関連付けなおすことができるようにします。端末アクセス制御技術は、エアインターフェイスの使用効率を高め、より多くのユーザーのアクセスを実現します。

- 5GHz事前アクセス(バンドステアリング)

■ APは2.4GHzと 5GHzの両方の周波数帯域に対応します。5GHz事前アクセス機能により、APはSTAを最初に 5GHz周波数帯域に誘導できるため、2.4 GHz周波数帯域での負荷、および干渉は減少し、ユーザー体験が向上します。

 

有線・無線のデュアルセキュリティ保証

ファーウェイのAPはデータセキュリティの確保のために、有線と無線のセキュリティ対策を統合し、包括的なセキュリティ保護を実現しま
す。

- 無線アクセスの認証と暗号化

■ APは、WEP、WPA/WPA2-PSK、WPA3-SAE、WPA/WPA2-PPSK、WPA/WPA2/WPA3-802.1x、およびWAPI*認証/暗号化モードに対応して、無線ネットワークのセキュリティを確保します。この認証メカニズムは、許可されたユーザーのみがネットワークリソースにアクセスできるよう、ユーザーIDの認証に使用されます。暗号化メカニズムは、無線リンクを介して送信されるデータの暗号化に使用され、予期されるユーザーのみがデータを受信・解析できるようにします。

- Wi-Fi以外の干渉源の分析

■ ファーウェイAPはWi-Fi以外の干渉源のスペクトルを分析して、ベビーモニター、Bluetoothデバイス、デジタルコードレス電話(2.4GHz周波数帯域のみ)、無線オーディオ送信機(2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯域)、無線ゲームコントローラー、およびマイクロ波オーブンなどを識別します。ファーウェイNCE-Campusとの連携により、干渉源の正確な位置を検出して、スペクトルを表示できるため、管理者は適宜干渉を取り除くことができます。

- 不正デバイスの監視

■ ファーウェイAPはWIDS/WIPSをサポートし、不正デバイスの監視、識別、防御、無効化、および高度な管理を実行して、エアインターフェイス環境と無線データ送信のセキュリティを保証します。

- APの有線アクセス認証と暗号化

■ APアクセス制御は、APの有効性を保証します。CAPWAPリンク保護、DTLS/IPSec暗号化はセキュリティの保証を提供し、APおよびWLAN AC間のデータ伝送セキュリティを向上させます。

 

自動無線キャリブレーション

自動無線キャリブレーションにより、APは周辺APの信号強度とチャネルパラメータを収集し、収集データに従ってAPトポロジを生成できます。許可AP、不正AP、およびWi-Fi以外のAPとその負荷が引き起こす干渉に基づいて、各APは、ネットワークが最適なパフォーマンスで動作するよう、送信電力と動作チャネルを自動調整します。これにより、ネットワークの信頼性とユーザー体験が向上します。

 

自動アプリケーション識別

ファーウェイAPは、スマートアプリケーション制御テクノロジーをサポートし、レイヤー4 からレイヤー7 のアプリケーションに可視化された制御を実装できます。

- トラフィックの識別

■ APはファーウェイWLAN ACとの連携により、さまざまなオフィスシナリオで6000を超える一般アプリケーションを識別できます。識別結果に基づいて、優先度の調整、スケジューリング、ブロッキング、速度制限などのポリシー制御をユーザーサービスに実装して、効率的な帯域幅リソースの使用を確保し、主要サービスの品質を向上させることができます。

- トラフィック統計収集

■ 各アプリケーションのトラフィック統計を、SSID、またはユーザーごとにグローバルで収集できるため、ネットワーク管理者はネットワーク上のアプリケーションの使用状況を把握することができます。ネットワーク管理者またはオペレーターは、スマート端末のサービスアプリケーションに可視化された制御を実装して、セキュリティを強化し、効果的な帯域幅制御を確保できます。

 

リーダーAP

リーダーAPは、いくつかのWLAN AC機能を統合して、中小企業や店舗でFit APの管理に使用でき、ライセンス不要のWLAN ACフリーアクセスを実装し、顧客の投資を節約します。

 

クラウドベース管理

APはクラウド経由で管理できるため、WLANおよび認証サーバーを導入する必要がありません。クラウドベースの管理モードでは、事前共有鍵(PSK)認証、ポータル認証、SMS認証、ソーシャルメディア認証など、豊富な認証機能を実装できます。このモードは、ネットワーク構築を大幅に簡素化し、設備投資(CAPEX)を削減します。さらに、オンラインのクラウドベースのネットワーク計画、クラウドベースの展開、クラウドベースの検査、クラウドベースのO&Mなど、複数の高度機能をファーウェイのクラウド管理プラットフォーム経由で実装できます。マルチブランチの展開シナリオでは、クラウドAPは初めにクラウド管理プラットフォームで事前構成されています。サイトでは、クラウドAPの電源を投入して、スイッチポートに接続し、QRコードをスキャンしてAPのプラグアンドプレイを実装するだけです。事前構成がデバイスに自動配信されるため、ネットワークの展開時間は大幅に短縮されます。クラウド管理プラットフォームは、テナントのすべてのサイトのネットワークステータス、デバイスステータス、および端末の接続ステータスを包括的かつ直感的に監視して、ネットワークとサービスの実行ステータスをリアルタイムに学習できます。

 

 

製品仕様

項目AirEngine 5761-21
寸法(直径 x 高さ)Φ220mm x 50mm
電源入力DC: 12V ±10%
PoE電源: 802.3atに準拠
最大消費電力17.9W (USBを除く)
注:実際の最大消費電力は各国の法令によって異なります。
最大ユーザー数≤ 1,024 (デュアル無線モード)
注:  実際のユーザー数は、環境によって異なります。
動作温度–10°C ~ 50°C
アンテナのタイプ内蔵スマートアンテナ
MIMO: 空間ストリーム2.4GHz: 2x2:2、5GHz: 4x4:4
無線プロトコル802.11a/b/g/n/ac/ac Wave 2/ax
最大レート5.375Gbps
お問い合わせはこちらをクリック