お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

中規模会議用スピーカーフォン3製品音質チェック!ヘッドホンをご用意ください!
GIGAスクールバーチャル展示会開催中!専門商社独自の視点で“本命商品”を厳選!
第5回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 ネットワーク・システム技術

HUAWEI AirEngine 8760-X1-PROアクセスポイント(Wi-Fi 6対応)

AirEngine 8760-X1-PROアクセスポイント
(Wi-Fi6対応)



  Wi-Fi 6対応

AirEngine 8760-X1-PROアクセスポイント

10.75Gbpsというファイバー並みの速度
Wi-Fi業界の基準を再定義

 

 

 

 

 

 

ハイエンドの企業オフィス、会議スペース、没入型の教育、空港ラウンジなど、広帯域幅と高品質のネットワーク体験を必要とするシナリオに最適

・最大データレート:10.75Gbps
・空間ストリーム:4+12 / 4+8+4
スマートアンテナ
10GEポートx2および10GE SFP+ポートx1

 

概要

AirEngine 8760-X1-PROアクセスポイント

ファーウェイのWi-Fi 6(802.11ax)屋内用アクセスポイント(AP)の主力製品であるAirEngine 8760-X1-PROには、16本のスマートアンテナが搭載されており、高密度で帯域幅を大量に必要とする環境に対応します。

ファーウェイ独自の革新的5Gテクノロジーによる16本の内蔵デュアルバンドスマートアンテナは、最大10.75Gbpsという驚異的なデバイスレートを実現し、まるでファイバーのようなワイヤレス体験を提供します。また、スマートアンテナが信号利得を効果的に改善するので、信号がユーザーに追従し、ブラインドスポットがない完全なカバレッジが実現します。

AirEngine 8760-X1-PROにはソフトウェア無線(Software-Defined Radios、SDR)がデフォルトで搭載されており、デュアル無線、トリプル無線、デュアル無線 + ワンスキャン無線の3つのモードを柔軟に切り替えることができ、干渉が激しい高密度環境に対応するように設計されています。

このような特徴によりこのアクセスポイントは、企業のオフィス、政府、高等教育、さらに初等・中等教育での利用にも適しています。

 

 

■ 2 x 10 GE電気、および 1 x 10 GE SFP+。

■ USBインターフェースは、外部電源、外部IoT拡張、およびストレージに使用可能。

■ スマートアンテナは、モバイル端末のターゲット信号カバレッジを実現し、干渉を低減して、信号品質を改善。また、STAの移動に応じてミリ秒レベルのスイッチオーバーを実装。

■ 内蔵型のIoTスロットによりBLE 5.0、ZigBee、RFID、スレッドなどのIoT拡張をサポート。

■ 独立型無線スキャン*により、干渉デバイスや不正デバイスをリアルタイムに検出してタイムリーにネットワークを最適化。

■ 内蔵型のBluetooth、およびCloudCampus APPを介してBluetoothシリアルインターフェイスベースのO&Mに対応し、ロケーションサーバーと連携してBluetooth端末の正確な位置を特定。

■ Fat、Fit、Leader APおよびcloudの4つの動作モードに対応します。

*マークの付いた機能は、ソフトウェアアップグレードにより実装できます。

 

AirEngine 8760-X1-PROアクセスポイント機能

16T16Rアンテナ

ファーウェイ独自の16T16Rアンテナは、最大16の空間ストリームをサポートし、最大10.75Gbpsのスループットを実現します。また、AR、VR、4K HDビデオなどのトラフィックの多いサービスに対して、まるでファイバーのようなネットワーク体験を提供できます。

 

スマートアンテナ

内蔵のデュアルバンド同一平面スマートアンテナにより、干渉が自動的に抑制され、信号強度が倍増し、通信可能範囲が20%拡大し、ブラインドスポットがない高品質のワイヤレスカバレッジを実現します。

 

あらゆる場所で100Mbps

ネットワーク全体でのOFDMAとMU-MIMOの共同スケジューリングにより、高密度アクセスを可能にするネットワーク全体のパフォーマンスが大幅に向上します。独立したスキャニング無線によってネットワークが継続的に最適化され、超高速の体験を実現します。

 

 

 

基本機能

■ デュアルラジオ対応:2.4GHz (4x4) + 5GHz (12x12)、デュアルラジオ:2.4GHz(4x4)+ 5GHz(8x8)+ 独立型無線スキャンモード、トリプル無線:2.4GHz (4x4) + 5GHz (8x8) + 5GHz (4x4)。モードは柔軟に切り替え可能。最大速度は、2.4GHz帯域で最大 1.15 Gbps、5GHz帯域で 9.6 Gbps、デバイスで 10.75 Gbps

 

Wi-Fi 6(802.11ax)標準

■ 802.11axはIEEE 802.11 の最新世代のWi-Fi規格として、高密度アクセスシナリオでのユーザー体験を向上させ、2.4 GHzおよび5 GHzの周波数帯域をサポートします。

■ 2.4 GHzと 5 GHzの両方の周波数帯域でのUL/DL MU-MIMOにより、APは複数のSTA間で同時にデータを送受信し、無線スペクトルリソースの使用率を向上させます。

■ 1024QAM変調により、802.11ac(256QAM)と比較してデータの伝送効率は 25%向上します。

■ UL/DL OFDMAスケジューリングにより、複数のユーザーが同時に情報を送受信できるため、遅延が低減して、ネットワーク効率が向上します。

■ 空間再利用(SR)テクノロジーは、基本サービスセット(BSS)カラーリングを使用して、APとSTAがBSSを区別でき、同一チャネル干渉を最小限に抑えます。

■ 目標起床時間(TWT)*により、APとSTAは互いにスリープ時間とウェイク時間をネゴシエートできるため、STAのバッテリ寿命が向上します。

 

柔軟な無線モード切り替え

APは、デュアル無線、トリプル無線、およびデュアル無線の 3 つのモードの柔軟な切り替え + 独立型のデュアルバンドスキャンを実現します。

■ デュアル無線モードは、高帯域幅サービスが支配的なシナリオで 10 Gbpsを超える超大スループットを提供するのに推奨されます。

■ トリプル無線モードは、高密度アクセスまたは高い同時接続のシナリオで、より多くのユーザーがネットワークにアクセスするのに推奨されます。

■ ネットワークステータスと干渉をリアルタイムに監視する必要があるシナリオでは、デュアル無線+独立型のデュアルバンドスキャンモードが推奨されます。このモードでは、独立型のデュアルバンドスキャンによりユーザーアクセスパフォーマンスとユーザースループットを犠牲にすることなく、ネットワーク品質がリアルタイムに監視および最適化されます。

■ 大規模ネットワークでは、複数の無線モードで動作するAPを展開できます。この方法は、さまざまなサービスシナリオやトラフィックに適しているため、ネットワーク全体のパフォーマンスが効果的に向上し、総所有コスト(TCO)が低減します。

 

MU-MIMO

APは 2.4 GHz無線に 4 つの空間ストリーム、5 GHz無線に 12 の空間ストリームの最大 16 の空間ストリームをサポートします。

UL/DLMU-MIMOテクノロジーにより、APは複数のSTAに同時にデータを送信できます。これにより、無線スペクトルリソースの使用量が倍増し、アクセスユーザー数と帯域幅が増加し、高密度アクセスシナリオでのユーザー体験が向上します。

 

スマートアンテナ

デュアルバンドスマートアンテナアレイとインテリジェントスイッチオーバーアルゴリズムを備えたAPにより、アプリケーション環境とアクセス密度をインテリジェントに検出し、より正確な信号カバレッジと干渉抑制が実現します。

さらに、各スマートアンテナには、高周波電子スイッチに制御される 4 つの要素があり、より優れたパフォーマンスを実現します。

この設計は、各モバイルアクセスSTAに最適な信号カバレッジ方向と信号品質を提供し、ユーザーにシームレスでスムーズな無線ネットワークアクセス体験を提供します。

 

有線&無線信号伝送@ 10GE

■ APは 160MHzの帯域幅を提供し、より多くの利用可能なデータサブキャリアを示し、信号伝送チャネルを拡張します。さらに、APは1024-QAMおよびMU-MIMOテクノロジーを採用しており、5 GHz無線の速度を最大 9.6 Gbpsまで向上させます。デバイスのAP速度は10.75 Gbpsに達することができます。

■ APは、デュアル 10GEポート、デュアルPoE電源、およびデュアルリンク冗長バックアップを提供し、非常に安定したデバイスパフォーマンスを実現します。さらに、APは 10GE SFP +アップリンクポートを提供するため、ユーザーは光/電気ポートの選択の問題から解放され、内・外部ネットワークの分離と光/電気ポートのハイブリッドネットワーク構築が必要なシナリオで柔軟なネットワーク構成を実装できます。

 

高密度ブーストテクノロジー

ファーウェイは、以下のテクノロジーを使用して、アクセスの問題、データの輻輳、ローミング体験の低下など、高密度シナリオの課題に対処します。

- SmartRadioによるエアインターフェイス最適化

■ スマートローミング中の負荷分散:スマートローミング中に負荷分散アルゴリズムが機能し、STAローミング後にネットワーク上のAP間の負荷分散を検出し、各APのSTA負荷を調整して、ネットワークの安定性を向上させます。

■ インテリジェントDFAテクノロジー:動的周波数割り当て(DFA)アルゴリズムを使用して、隣接チャネルおよび同一チャネル干渉を自動で検出し、2.4 GHzの冗長無線を識別します。自動AP間ネゴシエーションにより、冗長無線が自動で別モードに切り替えられる(デュアル 5G APモデルは 2.4Gから 5Gへの切り替えに対応)、あるいは無効化され、2.4 GHzの同一チャネル干渉を低減して、システム容量を増やします。

■ インテリジェント競合最適化テクノロジー:拡張型分散チャネルアクセス(EDCA)と通信時間スケジューリングアルゴリズムを使用して、各ユーザーのチャネル占有時間とサービス優先度をスケジューリングします。これにより、比較的均等なチャネルリソースの使用時間が各ユーザーに割り当てられ、ユーザーサービスが整然とスケジューリングされ、サービス処理効率とユーザー体験が向上します。


- エアインターフェイス性能最適化

■ 多くのユーザーがネットワークにアクセスする高密度のシナリオでは、低速度のSTA数が増加すると、エアインターフェイスでより多くのリソースが消費され、APの容量が減少して、ユーザー体験は低下します。そのため、ファーウェイAPはアクセス中のSTAの信号強度をチェックして、弱い信号のSTAからのアクセスを拒否します。同時に、APはオンラインSTAの速度をリアルタイムに監視し、低速度のSTAを強制的に切断して、STAがより強い信号のAPと関連付けなおすことができるようにします。端末アクセス制御技術は、エアインターフェイスの使用効率を高め、より多くのユーザーのアクセスを実現します。


- 5GHz事前アクセス(バンドステアリング)

■ APは 2.4Gと 5Gの両方の周波数帯域に対応します。5GHz事前アクセス機能により、APはSTAを最初に 5 GHz周波数帯域に誘導できるため、2.4 GHz周波数帯域での負荷、および干渉は減少し、ユーザー体験は向上します。

 

有線・無線のデュアルセキュリティ保証

ファーウェイのAPはデータセキュリティの確保のために、有線と無線のセキュリティ対策を統合し、包括的なセキュリティ保護を実現します。


- 無線アクセスの認証と暗号化

■ APは、WEP, WPA/WPA2-PSK, WPA3-SAE*, WPA/WPA2-PPSK, WPA/WPA2/WPA3*-802.1x, and WAPI*認証/暗号化モードに対応して、無線ネットワークのセキュリティを確保します。この認証メカニズムは、許可されたユーザーのみがネットワークリソースにアクセスできるよう、ユーザーの身元の認証に使用されます。暗号化メカニズムは、無線リンクを介して送信されるデータの暗号化に使用され、予期されるユーザーのみがデータを受信・解析できるようにします。


- Wi-Fi以外の干渉源の分析*

■ ファーウェイAPはWi-Fi以外の干渉源のスペクトルを分析して、ベビーモニター、Bluetoothデバイス、デジタルコードレス電話(2.4GHz周波数帯域のみ)、無線オーディオ送信機(2.4 GHzと 5 GHzの両方の周波数帯域)、無線ゲームコントローラー、およびマイクロ波オーブンなどを識別します。ファーウェイのNCE-Campusとの連携により、干渉源の正確な位置を検出して、スペクトルを表示できるため、管理者は適宜干渉を取り除くことができます。

- 不正デバイスの監視

■ ファーウェイAPはWIDS/WIPSをサポートし、不正デバイスの監視、識別、防御、無効化、および高度な管理を実行して、エアインターフェイス環境と無線データ送信のセキュリティを保証します。


- APの有線アクセス認証と暗号化

■ APアクセス制御は、APの有効性を保証します。CAPWAPリンク保護、DTLS/IPSec暗号化、およびハードウェア暗号化がセキュリティの保証を提供し、APとAC間のデータ伝送セキュリティを向上させます。

 

自動無線キャリブレーション

■ 自動無線キャリブレーションにより、APは周辺APの信号強度とチャネルパラメータを収集し、収集データに従ってAPトポロジを生成できます。許可AP、不正APおよびWi-Fi以外の干渉源からの干渉と負荷に基づいて、各APが送信電力と動作チャネルを自動調整して、ネットワークが最適なパフォーマンスで動作できるようにします。これにより、ネットワークの信頼性とユーザー体験が向上します。

 

自動アプリケーション識別

ファーウェイAPは、スマートアプリケーション制御テクノロジーをサポートし、レイヤー4 からレイヤー7 のアプリケーションに可視化された制御を実装できます。

- トラフィックの識別

■ APはファーウェイWLAN ACとの連携により、さまざまなオフィスシナリオで 6000 を超える一般アプリケーションを識別できます。識別結果に基づいて、優先度の調整、スケジューリング、ブロッキング、速度制限などのポリシー制御をユーザーサービスに実装して、効率的な帯域幅リソースの使用を確保し、主要サービスの品質を向上させることができます。


- トラフィック統計収集

■ 各アプリケーションのトラフィック統計は、SSID、またはユーザーごとにグローバルで収集できるため、ネットワーク管理者はネットワーク上のアプリケーションの使用状況を把握することができます。ネットワーク管理者またはオペレーターは、スマート端末のサービスアプリケーションに可視化された制御を実装して、セキュリティを強化し、効果的な帯域幅制御を確保できます。

 

IoTの拡張

APにはIoTスロットが内蔵されており、より安定的なPCIEポートを提供し、RFID、ZigBee、BLE、スレッドなどのIoTプロトコルの柔軟な拡張を実現します。この拡張は非常に包括的な屋内IoTソリューションの実装に役立ちます。

そのため当APは、ショッピングモール、スーパーマーケット、オフィスキャンパス、教室、および産業用IoTシナリオで広く適用されます。

また、APには独自の工業グレードのシェルがあります。ワンクリックでシェルを開いた後、ケーブル配線不要でプラグアンドプレイ(PnP)のIoTカードを設置でき、見栄えの良い、簡素なO&Mが実現します。

 

リーダーAP*

リーダーAPは、いくつかのWLAN AC機能を統合して、中小企業や店舗でFit APの管理に使用でき、ライセンス不要のWLAN ACフリーアクセスを実装し、顧客の投資を節約します。

 

クラウドベースの管理

APはクラウド経由で管理できるため、WLAN ACを導入する必要がありません。クラウドベースの管理モードでは、事前共有キー(PSK)認証、ポータル認証、SMS認証、ソーシャルメディア認証などの豊富な認証機能を認証サーバーなしで実装できます。

このモードは、ネットワーク構築を大幅に簡素化し、設備投資(CAPEX)を削減します。さらに、オンラインのクラウドベースのネットワーク計画、クラウドベースの展開、クラウドベースの検査、クラウドベースのO&Mなど、複数の高度機能をファーウェイのクラウド管理プラットフォームを通じて実装できます。

マルチブランチの展開シナリオでは、クラウドAPはクラウド管理プラットフォームで事前構成されています。オンサイトネットワークの展開中は、クラウドAPの電源を投入して、スイッチのネットワークポートに接続し、QRコードをスキャンしてAPのプラグアンドプレイ(PnP)を実装するだけです。

これで事前構成がAPに自動配信され、ネットワークの展開時間が大幅に短縮されます。クラウド管理プラットフォームは、包括的かつ直感的な方法で、すべてのサイトのネットワークステータス、デバイスのステータス、およびSTA接続ステータスを監視できます。

 

*マークの付いた機能は、ソフトウェアアップグレードにより実装できます。

 

製品仕様

項目AirEngine 8760-X1-PRO
寸法(高さ x 幅 x 奥行)61mm x 220mm x 220mm
電源入力DC: 48V ± 10%
PoE電源: IEEE 802.3btに準拠
最大ユーザー数≤ 1,024 (デュアル無線モード)
≤ 1,152 (トリプル無線モード)
注: 実際のユーザー数は、環境によって異なります。
ポート10GE電気 2ポートおよび10GE SFP+ 1ポート
内蔵BluetoothBLE 5.0
IoT内蔵IoTスロット
動作温度–10°C ~ 50°C
アンテナのタイプ内蔵スマートアンテナ
MIMO: 空間ストリーム2.4GHz: 4x4:4、5GHz: 12x12:8
2.4GHz: 4x4:4、5GHz-0: 8x8:8、5GHz-1: 4x4:4
無線プロトコル802.11a/b/g/n/ac/ac Wave 2/ax
最大レート10.75Gbps
お問い合わせはこちらをクリック