新検索!AV環境トータルソリューション商材選定のコツからオススメ商品をご紹介! 第5回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 ネットワーク・システム技術
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

TOA 800MHz帯デジタルワイヤレスシステム

 

800MHz帯デジタルワイヤレスシステム
ワイヤレスマイク
ワイヤレスチューナー
ワイヤレスチューナーユニット

 

 

TOA独自の除情報秘匿化技術により、高い秘話性を実現。
混信や妨害に強く、クリアな音質を追求した10チャンネル同時使用可能なデジタルワイヤレスシステム。

 

特長

混信耐性

デジタルトゥルーダイバシティ方式の採用により、混信やノイズに強く、安定した電波受信が可能です。

情報秘匿性

セキュリティIDによる認証機能で音声情報の秘匿性がさらに進化。大切な情報を漏えいから守ります。

10ch同時使用

同一空間での同時使用チャンネル数が6波から10波へ拡大したことで、使い勝手がさらに向上しました。

高音質

独自の音声処理により、従来のアナログシステムに比べ、さらにクリアな音質を実現。

充実のマイクラインアップ

ハンド型、タイピン型に加え、ボーカル用途にも使えるダイナミック型やミキサー機能を備えたワイヤレスマイクミキサーもラインナップ。

 

 

アナログワイヤレスの限界・デジタルワイヤレスのメリット

 

 

無線伝送品質の改善

ノイズの影響を極限まで抑えたデジタルならではの混信耐性と高音質。

デジタルトゥルーダイバシティ方式の採用により、混信やノイズに強く、安定した受信と高音質を実現しました。さらにポップノイズを最小限に抑えることで、クリアな音声再現を可能にしています。

 

 

認証による情報秘匿機能

マイクとチューナー間の認証機能により、高い情報セキュリティを実現。

ワイヤレスマイクとチューナー間で多数のセキュリティID(外部に非公開)による認証作業(ペアリング)を行うことで、さらに秘匿性が向上し、音声情報の漏えいを防ぐことができます。また、この認証機能を使えば、セキュリティIDが一致したマイク以外は、たとえ同じ周波数を受信しても音声として出力されないため、複数のワイヤレスマイクと同時に使用する場合の混信対策にもなります。

 

 

充実のラインアップ

ワイヤレスマイクの使用用途・シーンに応じて、豊富なワイヤレスマイクロホンのラインアップの中からベストなマイクロホンを選択してご使用いただけます。

 

 

省電力

ワイヤレスマイクは、単3形アルカリ乾電池または専用充電電池(WB-2000)1本で約8時間の連続動作が可能です。

 

 

 

 

外部機器の制御が可能

マイクの電源スイッチによるアンプの起動や電池残量管理が可能に。

チューナー本体には接点出力端子があり、チューナーの受信状態やワイヤレスマイクの電池残量(要充電/交換時)に連動して外部機器を制御することが可能です。

 

同時使用チャンネル数の増加

従来のアナログ方式の6波から10波同時使用が可能に。

デジタル化により、等間隔にチャンネルを配置することが可能になり、同一空間での同時使用チャンネル数が6波から10波へ拡大しました。これにより、同時に10本までのワイヤレスマイクの使用が可能になり、使い勝手が大きく向上しました。また、1チャンネルあたりの占有周波数帯幅もアナログの110kHzから192kHzに拡大したことで情報量が増え優れた音声再現をご提供します。

 

 

同一チャンネルの再利用性の向上

干渉エリアの縮小により、30~40m内の近接距離を実現。

アナログシステムでは、マイクの電波「D:Desire(希望波)」と妨害波などのノイズ「U:Undesire(妨害波)」との差(所要DU比)が40dB以下になるとノイズの影響を受けましたが、デジタルワイヤレスでは、所要DU比が20dB以上と混信妨害耐性が大幅に向上し、より近接したエリアでの同一チャンネルの再利用が可能になりました。さらに、指向性のある壁・天井取付ワイヤレスアンテナ(YW-560)を使用することで、より一層近接したエリアでの運用が可能になります。

 

 

コード設定によりマイクの識別が可能

同一チャンネルのマイクを近接した場所で使用する場合に異なるコード(10種類)を設定することで、混信を避けることができます。

 

 

既設資産の流用が可能

既設アナログワイヤレスシステムの一部流用で、導入コストの軽減が可能。

既設の800MHz帯アナログワイヤレスシステムで使用していたアンテナや同軸ケーブル、混合分配器、アンテナブースターなどはデジタルシステムでもそのまま流用が可能ですので、導入コストを低減することができます。

 

 

多チャンネル同時使用により、さまざまな空間で
最適なワイヤレスシステムを構築できます

同時使用チャンネル数が、従来のアナログ方式の6chから10chへ拡大したことで、より多彩な空間での幅広い使い方が可能になりました。
また、デジタルならではの干渉エリアの縮小により、同一チャンネルの再利用性が向上。近接した距離でも干渉をうけにくく、同一チャンネルのマイクが利用しやすくなりました。

 

 

充実のマイクラインアップ

ハンド型、タイピン型に加え、ボーカル用途にも使えるダイナミック型やミキサー機能を備えたワイヤレスマイクミキサーもラインアップ。

 

デジタルワイヤレスマイク/ハンド型

WM-D1200
希望小売価格 ¥76,000(税抜)

ダイナミック型デジタルワイヤレスマイク

WM-D1250 より迫力のある低域が求められるイベントや式典に
希望小売価格 ¥84,000(税抜)

デジタルワイヤレスマイク/タイピン型

WM-D1300
希望小売価格 ¥79
,400(税抜)

 

・単3形アルカリ電池または専用充電電池(WB-2000)1本で約8時間の連続動作が可能。業界初(デジタル)
・B型に割り当てられた30波の中の任意の1波が選択可能。混信や干渉に強いデジタル伝送方式を採用。
・独自の情報秘匿化技術による高い秘話性(セキュリティ設定機能)を実現。
・コード設定機能や送信出力の切り換えにより、近接エリア間での同ーチャンネルの使用等、
 幅広い使用条件に対応。
・送信出力は1mW(L)/6mW(H)の切換が可能。

 

デジタルワイヤレスマイクミキサー

WM-D1500
希望小売価格 ¥110
,000(税抜)

・入力4chのミキサー機能を備えた800MHz帯デジタルワイヤレスマイク。
・B型に割り当てられた30波の中の任意の1波が選択可能。混信や干渉に強い
 デジタル伝送方式を採用。
・独自の情報秘匿化技術による高い秘話性(セキュリティ設定機能)を実現。
・コード設定機能や送信出力の切り換えにより、近接エリア間での同ーチャン
 ネルの使用等、幅広い使用条件に対応。
・送信出力は1mW(L)/6mW(H)の切換が可能。
・タテ16.6cm×ヨコ16.6cmのコンパクトボディーで、スペースのない場所にも
 最適。
・収納式の本体マイクを装備。その他、有線マイク1本、CDプレーヤーや携帯音
 楽プレーヤーなども接続可能。
・電源は単3乾電池×2本、またはAC100V(ACアダプター)の2電源方式。

 

 

800MHz帯デジタルワイヤレスチューナー

従来のアナログワイヤレスのB型の帯域を使用し、高いコストパフォーマンスを実現した800MHz帯デジタルワイヤレスチューナー。TOA製800MHz対アナログワイヤレス周辺機器を既設設備として有効活用できます。

 

デジタルワイヤレスチューナー(2chタイプ)

WT-D1802
希望小売価格 ¥264
,000(税抜)

 

デジタルワイヤレスチューナー(4chタイプ)

WT-D1804
希望小売価格 ¥367
,500(税抜)

・デジタルワイヤレスチューナーユニットWTU-D1800が装着できます。
 【WT-D1802は2台(1台内蔵、1台増設可能)】【WT-D1804は4台(2台内蔵、2台増設可能)】
・ラック取付金具MB-15B (別売)を用いてラック取付も可能。
・混信やノイズに強いデジタル受信方式を採用することで安定した電波受信が可能となり、
 また接点出力を使用した外部機器の制御や、付属のメンテナンスソフトウェアによる
 システムの状態監視機能など、利便性が良く、信頼性の高い運用が可能です。

 

800MHz帯デジタルワイヤレスシステムの各商品の詳しい仕様はメーカーホームページ、石渡電気営業担当までお問い合わせください。


本商品は、AV特集ページ「アンプ・マイク・スピーカー」に掲載中です。
 
お問い合わせはこちらをクリック