EPOS | SENNHEISERのモバイル機器向けヘッドセットを調査

石渡電気はEPOS Japan社の国内正規一次代理店となりました。今回は、EPOS Japan社の取扱い製品、「コンタクトセンター・オフィス向けヘッドセット」、「モバイル機器向けヘッドセット」、「ウェブ会議用スピーカーフォン」3つのカテゴリの製品を石渡電気東京本社に集め、その機能や特徴をまとめました。
本ページでは「モバイル機器向けヘッドセット」各商品をご紹介いたします。

 

 

EPOS|SENNHEISER
ADAPT PRESENCE™ シリーズ(無線Bluetooth)

 

EPOS|SENNHEISER
Presence™ Grey UC

EPOS|SENNHEISER製品のモバイル系ヘッドセット。
メインで売れている商品は、このような片耳型のBluetoothタイプのヘッドセットです。

よくある耳掛け型のBluetoothのヘッドセットではありますが、価格面では他のメーカーよりも高めに設定されています。その分、クラス最高のノイズキャンセリングマイクを搭載していることや、音質面においても能力がとても高いというのが本商品の特徴です。

ノイズキャンセリングの機能では、強風が吹く屋外でも風切り音をカットする能力がついています。近くで息を吹きかけても、相手側には吹きかけ音が聞こえないほどの性能です。

ノイズもキャンセルできるので、工場などの周りが騒がしいところでも自分の声をクリアにピックアップしてくれます。途切れることがなく、しっかりとビジネスでクリアな会話を成り立たせるための業務用のヘッドセットです。

 

EPOS|SENNHEISER
Presence™ Grey UC 性能検証動画

EPOS|SENNHEISERのハイクラスノイズキャンセリングマイクを搭載したBluetooth無線ヘッドセット「Presence™ Grey UC」の聞こえ方を検証したデモ映像です。


EPOS ウェブ会議用スピーカー「SP 20 ML」に接続し、音声品質を確認しています。
SP 20 MLの商品ページはこちら

 

 

静かな環境(およそ30dB)で話した時の聞こえ方「Presence™ Grey UC」

石渡電気ショールーム(およそ30dB)の環境で話した時、相手方のスピーカーではどのように聞こえるかを検証しています。
※音が出ます。ご注意ください。

 

 

街の騒音(仮想:およそ70dB)の中で話した時の聞こえ方「Presence™ Grey UC」

石渡電気ショールームに街の騒音を(およそ70dB)を再現。この音源の1m以内で発声した時、相手方のスピーカーではどのように聞こえるかを検証しています。
※音が出ます。ご注意ください。

モバイル系ヘッドセットは、安い商品ですと3000円程度で購入できる商品もメーカーによってはあります。このような安価なヘッドセットは、周りの音を拾ってしまったり、音がそもそも良くなかったり、壊れやすいといったお話もあります。ビジネスでしっかりと通話を成り立たせ、音質の影響による聞き逃しを防ぐためには、業務用としての利用を想定し開発された良質なヘッドセットを選ぶことが重要です。

 

商品ページはこちら

無線Bluetoothヘッドセット ADAPT PRESENCE™ Grey UC

 

 

EPOS|SENNHEISER
ADAPT 460 シリーズ(無線Bluetooth)

EPOS|SENNHEISER
ADAPT 460 シリーズ

ADAPT 460は、ネックバンド型のイヤホンマイクになっています。

オーディオ音楽用のノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)機能搭載なので、周りが騒がしいところでもしっかり聞くことができます。

マイクロソフト「Teams」の認証をとっているので、「Teamsボタン」がついています。
特徴としては、イヤホン型なのでヘッドホンよりも小型で音もしっかり聞き取れること。また、ネックの先に指向性マイクを搭載しています。マイクが口に近い分、周囲の音に関係なく自分の声のみをピックアップします。

 

 

 

 

商品ページはこちら

無線Bluetoothヘッドセット ADAPT 460 シリーズ

 

 

 

EPOS|SENNHEISER
ADAPT 360 シリーズ(無線Bluetooth)

EPOS|SENNHEISER
ADAPT 360 シリーズ

ADAPT 360はヘッドホンタイプのベーシックな商品です。

特徴としては、ヘッドホンでリスニングができること。また指向性マイクがついているのでしっかりと声だけをピックアップして通話が可能です。

さらにアクティブノイズキャンセリング機能もついているので、周囲の影響を受けることなく相手方の声を聞き取ることができます。

折りたたみが可能で専用ケースもついています。

 

 

 

 

 

 

商品ページはこちら

無線Bluetoothヘッドセット ADAPT 360 / 360 white

 

 

 

EPOS|SENNHEISER
ADAPT 560 シリーズ(無線Bluetooth)

EPOS|SENNHEISER
ADAPT 560 シリーズ

ADAPT 560 の最大の特徴は、収納式のブームマイクがついていること。

一般的な製品では「いかにも」と思えるようなブームマイクがついているのですが、本製品では目立たないのが特徴です。

よりマイクのピックアップ能力を高めたタイプで、周りの音をしっかりと遮断しながら通話が可能です。

通常のヘッドホンタイプで指向性のあるマイクが搭載されていたとしても、「ブームマイクがついてないのはちょっと…」「しっかり音をピックアップしたい…」と思っている方に適したモデルです。

 

 

 

 

 

商品ページはこちら

無線Bluetoothヘッドセット ADAPT 560

 

 

 

EPOS|SENNHEISER
ADAPT 660 シリーズ(無線Bluetooth)

EPOS|SENNHEISER
ADAPT 660 シリーズ

ADAPT 660は、ブームマイクはついていませんが、マイクの指向性が一番高いモデルでしっかり音が拾えるタイプです。

この製品は「EPOS AI」という機能を搭載しており、ユーザーが使っていく中で、よく使う場所を学習していき、その場所に合わせたノイズキャンセリング効果を自動で処理してくれます。

アクティブノイズキャンセリング効果にプラスして、高級で使用感を高めた大型イヤーパッドは、全て耳を覆うので物理的な遮音効果による音漏れも防ぎ、聞きやすい設計になっています。

 

 

 

 

商品ページはこちら

無線Bluetoothヘッドセット ADAPT 660シリーズ

 

最近増えているのが、ヘッドホン型のヘッドセットです。
普段通りにオーディオリスニングはできるのですが、その中でもマイク部分の性能を強化している商品となります。
音楽を聞いている時に、WEB会議が入ったりコールがあった場合に即時に通話ができる商品が増えています。本ページでご紹介したヘッドホンは、マイクロソフト「Teams」の認証をとっているので、「Teamsボタン」がついています。ボタンを押すとTeamsのウィンドウが立ち上がり、すぐに通話が可能です。Teamsを使っているお客様に親和性が高く、安心して使っていただける商品です。

 

EPOS | SENNHEISER ADAPT シリーズ総合カタログ(日本語版)

【日本語版】 ADAPT シリーズ 総合カタログ(6.5MB)
コンタクトセンター&オフィス向け有線・無線ヘッドセット「IMPACTシリーズ」
高品質なWEB会議 スピーカーフォン「EXPANDシリーズ」のカタログはこちら

お問い合わせはこちらをクリック