第2回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 カメラの種類・形状とその特長
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

キヤノン imageRUNNER ADVANCE C2230/C2220

本商品は生産終了しております。
現行製品「imageRUNNER ADVANCE C3330/C3320」はこちらをクリック

imageRUNNER

特長

 

 

本体商品構成

 iR-ADVC2230FiR-ADVC2220iR-ADVC2220F
COPY

PRINT

SCAN

FAX

OP

BOX

-

-

-

ADVANCEDBOX

-

-

-

ジョブロック

-

-

-

MEAP

DADF

反転

OP

反転

自動両面

Network

HDD

 

大きく見やすく操作しやすい

「7インチ液晶タッチパネル」&「チルト機構」

チルト機構
チルト機構

バックライトにLEDを採用して照度を高め、角度を変えられるチルト機構の採用でより使いやすく。
また、電源キーをスリープ時に点灯する節電キーにすることで、復帰操作が直感的に行えるようになりました。

 

 

 

より使いやすくボタン表示を変えられる「メインメニューのカスタマイズ」

メインメニューは、日常の作業ニーズに合わせてボタンの表示数や表示順を変更し、カスタマイズすることも可能です。迷いやミスの少ない効率のよい操作をサポートします。menu

 

サイズ設定を気にせず簡単に行える「用紙補給」

ボタンをワンプッシュするだけで用紙カセットがオープン。用紙をセットするとサイズを自動認識します。

 

カラーユニバーサルデザイン認証

cudNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)が、色覚の個人差を問わず、利用する人の視認性に配慮した製品を認定する「カラーユニバーサルデザイン(CUD)認証」を取得しています。

 

 

 

ワンタッチで操作効率を高める「カスタムメニュー」

例えば「2 in 1/両面」「高圧縮PDF/OCR(文字認識)」など、よく利用する設定を組み合せて個人ごとにプリセット。ワンタッチ操作で目的のジョブを実行することができます。

custom

 

 

主電源ONですばやく使える「ウォームアップタイム」&「高速起動」

スピーディーな立ち上がりで、急ぎの一枚も効率よく。さらに、「主電源ON時の高速起動」を設定すれば、主電源を入れてから7秒以内で画面操作が行えます

  • 使用条件によっては「高速起動」ができない場合があります。

 

設置しやすく稼動音も静かに「省スペース&静音設計」

幅565mm×奥行き680mmのコンパクト設計で、オフィススペースを有効に使えます。排気プロセスの改善で稼動音も低減。デスクの近くにも設置しやすい複合機です。

space

  • 本体の右排紙カバー開時+カセット引き出し時。

 

PAPER HANDLING

給紙容量を増やすカセットや排紙を効率化するフィニッシャーなど、便利なオプションも用意。

トレイ

  • 写真はiR-ADV C2230Fに、「インナー2ウェイトレイ・F1」、「2段カセットペディスタル・AF1」、「コピートレイ・J1」を装着したものです。

 

COPY

copy設定状況を簡単に確認できるコピー画面。コピー速度はモノクロもカラーも毎分30枚(ともにA4ヨコ)。ボリュームのあるコピー業務も効率よく行えます。

  • iR-ADV C2230Fの場合。iR-ADV C2220/C2220Fはモノクロ・カラー共毎分20枚(いずれもA4ヨコ)。

 

 

設定を省きコピー効率を高める「よく使う設定」

複数の設定を組み合せて登録し、コピーのたびに設定する手間を軽減。設定履歴を3つまで呼び出せる「設定の履歴」も便利です。

 

コストを削減し見やすく仕上げる「ページ集約」+「製本コピー」

2in1、4in1、8in1の中からレイアウトを選択し、複数の原稿を1枚の用紙に縮小して集約できます。また、「製本コピー」により、原稿を自動的に面付けして両面コピーを行うことも可能。用紙コストを抑えながら、見やすい文書に仕上げられます。

ページ集約

 

 

PRINT

cap2わかりやすいグラフィカルなユーザーインターフェースを採用。用紙選択や給排紙方法、フィニッシング指定など、多彩なプリント設定が効率よく行える「プリンタードライバー」です。

 

 

OS環境や業務内容に合わせて選べる「マルチPDL対応」

高速データ処理を実現するキヤノン独自の「LIPS LX」、Adobe®純正の「PostScript®3™」※1、LIPSソフト資産を継承できる「LIPS V」※2といった多彩なPDL(ページ記述言語)に対応。OS環境や業務内容など、オフィスニーズに合わせて選べます。

  • ※1「PS拡張キット・AT1」が必要です。
  • ※2「LIPS V拡張キット・AT1」が必要です。

 

スマートフォンやタブレットPCから印刷できる「Canon Mobile Printing」

iPhone®やiPad®、Android™対応のプリント専用アプリケーションを用意。無線LANアクセスポイント経由で、Webページや画像ファイルなどをモバイル機器から簡単に出力できます。

AP経由

 

 

無駄な出力を抑止しコストを削減する「えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE」

プリントデータを複合機内に一旦保存し、ユーザーごとのジョブリストから必要なジョブのみを選んで出力。無駄な出力を抑止することで、コスト削減に貢献します。特別な設定は不要なので、手軽に導入できます。

  • 別売。

選んでマイプリント

 

 

FAX

faxFAX専用のシンプルな画面を表示させ、FAX単体機器と同じような感覚でスムーズに操作。「スーパーG3FAX」により、最大33,600bpsの速度で2秒台の高速通信を実現します。

  • iR-ADV C2220は「スーパーG3FAXボード・AH2」が必要です。

 

 

誤送信を抑止し機密性を高める「FAXセキュリティー」

宛先を2度入力する「FAX番号確認入力」や宛先表示を絞り込む「アクセス番号管理」などで誤送信を抑止。また、ビジネス用途向けFAXセキュリティー機能のガイドライン「FASEC1」に適合しています。

 

ペーパーレスでコストも削減できる「FAXドライバー」

FAXドライバーにより、パソコンからペーパーレス送信が行えます。汚れやかすれがなく、用紙コストも削減できます。効率のよいFAX履歴管理も可能です。

faxdriver

 

FAXワークをデスクで効率化する「FAX転送」+「imageWARE Desktop」

受信FAX文書をファイルサーバーに転送。デスクのパソコンからアクセスして内容を確認できます。さらに、「imageWARE Desktop」を利用すれば、閲覧から書き込み、宛名指定、返信までをすべてパソコンで行えます。

  • 別売。

imageWARE-Desktop

 

機能対応一覧

imageRUNNER ADVANCE各シリーズに搭載されている機能を一覧表で確認できます。

iR-ADV C2200シリーズに搭載されている機能が一目でわかります。
http://cweb.canon.jp/office-mfp/function/index.html

 

 

お問い合わせはこちらをクリック