第2回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 カメラの種類・形状とその特長
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

パナソニック アイプロシリーズ 屋外ハウジング一体型ネットワークカメラ「WV-SW316LJ」「WV-SW316J」

1.3メガピクセル 屋外ハウジング一体型ネットワークカメラが登場
WV-SW316LJは、赤外線照明(IR LED)を搭載

 

 

 ハウジング一体型構造で屋内外設置が可能。また、<PoE>受電対応で、カメラ電源工事不用な点も人気。WV-SW316LJは赤外線照明搭載で時と環境を選びません。壁掛けタイプでは一番の人気機種です。

 

統合プラットフォームUniPhier® を搭載

uniphierパナソニック独自のプラットフォームであるUniPhier® システムLSIを搭載。
H.264ハイプロファイル方式の高圧縮技術により、1280×960および1280×720での30 fps HD動画配信を可能にしました。

 

 

 

 

スーパーダイナミック(MEGA Super Dynamic)方式を採用

superdynamicスーパーダイナミック(MEGA Super Dynamic)方式により、照度差の激しい環境下でも被写体の明るさを画素単位で補正し、自然な画像で撮影できます。
また、白黒切換機能を搭載し、低照度時に自動的に白黒モードへ切り換えできるため、夜間の撮影も鮮明です。

 

SDHC/SDメモリーカードスロットを搭載

アラーム発生時やスケジュール設定、ウェブブラウザー画面からの手動操作で、SDHC/SDメモリーカードにH.264動画またはJPEG画像を保存できます。また、ネットワーク障害時にJPEG画像を保存することもできます(ダウンロード可能)。

SDメモリーカード (SD/SDHC メモリーカードを含む) は、書き換え回数に限度がある消耗品です。またSDメモリーカードへのアクセス中に電源が遮断されたりすると、SDメモリーカードやカード上に記録されたデータが破壊されることがあります。長期間にわたる記録や高い信頼性を求める記録には、パナソニック製のレコーダーのご利用を推奨します。詳細は、以下をご参照ください。
http://panasonic.biz/security/media/media.pdf

 

スタイリッシュなデザインの屋外ハウジング一体型構造

zu-ip66カメラ本体にアルミダイカストを採用し、ハウジング部にレンズカバー、サンシールド、後面カバーを装備したハウジング一体型構造です。防塵・防水性能 JIS C 0920 保護等級 IP66 (IEC60529)に準拠し、高い防塵性と防水性を確保。使用温度範囲は、-40℃~+50℃なので、屋外設置が可能です。
また、カメラ内部を低湿度に保つための除湿素子を内蔵しており、屋外の厳しい設置環境においても安定したカメラ動作を実現します。
除湿素子: カメラ内部の湿気を直接電気分解し除去するデバイス(素子)

movie

IP66テスト・除湿素子紹介ビデオ [YouTube]

 

day&night機能により、夜間でも鮮明な撮影が可能
WV-SW316LJは、赤外線照明(IR LED)を搭載

0.01カラー/白黒自動切換え(day & night)機能により、低照度時は、自動的に白黒モードに切り換えることができ、夜間の撮影も鮮明です。
また WV-SW316LJは、レンズの周りに対象方向を照らすための赤外線照明(IR LED)を搭載(赤外線照射距離は15 m)。
照度0ルクスの環境下における撮影が可能です。

 

SDHC/SDメモリーカードスロットを搭載

アラーム発生時やスケジュール設定、ウェブブラウザー画面からの手動操作で、SDHC/SDメモリーカードにH.264動画またはJPEG画像を保存できます。
また、ネットワーク障害時にJPEG 画像を保存することもできます。(ダウンロード可能)

 

Power over Ethernet〈PoE〉受電対応(カメラ電源工事が不要)

PoE規格対応のスイッチングハブから電源供給が受けられ、カメラ電源工事の必要がありません。(IEEE802.3af準拠)

 

お問い合わせはこちらをクリック