第2回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 カメラの種類・形状とその特長
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

NTTネオメイト 通話料金の簡易管理ソフト「AQStage αNX 料金管理」

③A_料金管理NTT東日本ビジネスフォンαシリーズに対応した通話料金の簡易管理ソフト「AQStage αNX 料金管理」をご紹介します。


NTT東日本のビジネスフォン(αNXⅡ・αNX・αGX)主装置と本商品をインストールしたパソコンをLANケーブルで接続することで簡単に通話料金を管理することができるソフトウェアです。

こんな時はお任せください!!

・テナント等の賃貸業務で毎月テナント毎に利用した通話料金の請求書を簡単に作りたい。

・寮や福祉施設等で入居者毎に利用した通話料金の請求書を簡単に作りたい。
・利用者毎の通話料金を把握するために料金管理をしたい。
・日々の通話回数を把握し、比較することでお得意様を把握したい。
・コールセンターや通販会社等で時間帯毎の通話量を把握して人員配置を見直したい。
・毎月の通話料金を比較して料金のムダを抑えたい。
・不在時に電話連絡を受けたお客様について、着信情報を活用して少しでも受注漏れを防ぎたい。
(ビジネスフォンタイプLのみ)

料金管理 画面イメージ
料金管理 画面イメージ


主な機能

■通話情報取得
αNXⅡ・αNX・αGX主装置と接続された本システムインストールPCにログインすることで、通信処理を自動的に起動後、主装置に蓄積された通話情報(呼情報・主装置情報)を取得します。

■通話料金計算
取得した通話情報毎に電話回線種類に応じた通話料金を計算します。トランク番号ごとに回線種別(一般、ひかり、その他電話、専用線)の指定が可能です。

■レポート出力
様々な条件で抽出した通話情報を、簡易な操作で請求書や通話履歴等の帳票やグラフに加工し、印刷できます。

■コールバイコール
取得した通話情報を瞬時に画面表示(一覧)します。

■エクスポート
蓄積された通話情報をテキストファイルに出力します。任意に通話情報の加工ができます。

■通話情報メンテナンス
任意に通話情報の追加または編集を行います。

■各種メンテナンス
料金計算などのシステム運用に関わる各種情報を設定します。

■バックアップ
蓄積された通話情報、現状の設定内容を保存します。

■通話料金再計算
通話料金体系の変更時に通話料金を手動で修正することなく、過去に遡って料金の再計算を行います。

■他システムとの連動が可能
データをテキスト形式で提供することができますので、他システムとの連携が可能です。

■データ一括設定
Excelで作成した内線・回線番号情報等を、本商品へ一括インポートおよびCSVファイルへエクスポートすることができます。

■データリストア
バックアップ機能で取得した通話明細データや各種設定情報を復元することができます。

主装置仕様

αNXⅡ・αNX・αGX主装置(Type-L/M/S)に対応します。(※1)

【注釈】
(※1) αGXType-LはファームがVer.4.0以降に対応しています。


推奨動作環境

■OS
Microsoft Windows 7 Ultimate SP1
Microsoft Windows 7 Professional SP1
Microsoft Windows 7 Home Premium SP1
Microsoft Windows 8なし
Microsoft Windows 8Pro

■CPU:2GHz以上

■メモリ:4GB以上

■HDD
10GB以上の空き容量(OS動作に必要な容量を除く)

■ディスプレイ
画面解像度
Windows 7の場合:1024×768ピクセル以上Windows 8の場合:1033×768ピクセル以上


■その他(必要なもの)
LANインターフェイス
CD-ROMドライブ
※Microsoft Windows 7およびMicrosoft Windows 8はMicrosoftの登録商標です。

お問い合わせはこちらをクリック