第2回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 カメラの種類・形状とその特長
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

フルーク・ネットワークス CertiFiber® Pro 光損失測定試験セット

フルーク・ネットワークス製品一覧はこちら

 

CertiFiber_Pro-1

CertiFiber Pro は、3 秒間で 2 本の光ファイバーを 2 波長にて測定することができるため、光ファイバー認証試験の効率を大幅に向上させます。

新たに装備されたTaptive ユーザー・インターフェースはセットアップを簡素化し、エラーを排除してトラブルシューティングを迅速化します。基準値の設定ガイド機能により、正しい基準設定を確認し、マイナス損失のエラーをなくします。さらに、将来を見越して設計された Versiv プラットフォームに装着された CertiFiber Pro は、OptiFiber Pro モジュールを共用させることで Tier 1(ベーシック)/Tier 2(拡張)の統合試験とレポート機能を提供します。

また、便利な 4 波長モジュールはシングルモードとマルチモードの両方をサポートしているばかりでなく、エンサークルド・フラックス規格に準拠しているため、安定した測定結果を提供できます。

特長:
CertiFiber® Proは、光ファイバー配線の認証試験過程のあらゆる手順を迅速化する光損失測定セットで次の特長を持っています。
■Versiv のモジュール化設計は、メタル配線の認証試験、光ファイバー損失測定試験、OTDR 試験、および光ファイバー端面検査をサポート
■Taptive™ ユーザー・インターフェースは、不正確な基準セットアップと「マイナス損失」エラーを排除するためにシンプルなアニメーション・ガイドを提供します。
■認証までの時間を短縮 - 3 秒間で 2 本の光ファイバーを 2 波長で試験
■テスト・コードを追加せずに、ANSI/TIA および ISO/IEC によって要求されるエンサークルド・フラックスに準拠
■OptiFiber® Pro と組み合わせることで、Tier 1(ベーシック)/Tier 2(拡張)の統合試験とレポートを提供
■ProjX™ 管理システムは、すべての作業が正確かつ効率的に完了していることを確認
■便利な 4 波長モジュールはマルチモードとシングルモードの両方の損失試験をサポート
■シングルモードの距離範囲を 130km まで拡張
■可視光源を内蔵
■LinkWare™ 管理ソフトウェアで、試験結果を解析し、専門的な試験レポートを作成


【仕様】

■ パワー・メーター仕様
入力コネクター
・ 交換型コネクター・アダプター(LC 標準、SC、ST、および FC オプション)
検知器タイプ
・ InGaAs
波長
・ 850 nm、 1300 nm、 1310 nm、 1550 nm
パワー測定範囲
・ 0 dBm ~ -65 dBm (850 nm) 0 dBm ~ -70 dBm(他のすべての波長)
出力測定の不確かさ 注1,2
・ < +/- 5% +/- 32 pW
測定リニアリティ 注3
・ < ± 0.1 dB
再校正周期
・ 1 年間

注 1. +/- 100 pW (850 nm)
注 2. 次の条件下において:パワー・レベル 100 μW (-10 dBm)、850 nm および 1310 nm で絶対電力の連続波 (CW)発散ビーム、NA = 0.20 (50/125 μm) および NA = 0.14 (9/125 μm)。周囲温度 23° ± 1°C。セラミック・フェルールが付属した SC/UPC コネクター。5 分間のウォームアップ後。NIST にトレーサブル。
注 3. 850 nm および 1310 nm で -3 dBm ~ -55 dBm。周囲温度 23° ± 1°C。5 分間のウォームアップ後。

■ 損失/長さの仕様
【CertiFiber Pro マルチモード・モジュール】
テスト時間(参照時間を除く)
・ スマート・リモート・モード:< 3 秒(2 波長、一方向、自動波長検出)
・ 遠端光源モード:≤ 2 秒(2 波長、一方向、自動波長検出)
・ ループバック・モード:≤ 2 秒(2 波長、一方向、自動波長検出)
入出力コネクター
・ 交換型コネクター・アダプター(LC 標準、SC、ST、および FC オプション)
励振条件 注4,5
・ TIA-526-14-B、ISO/IEC 14763-3、および IEC 61280-4-1 に準拠したエンサークルド・フラックス
ファイバー・タイプ
・ 50/125 µm または 62.5/125 µm
光源タイプと波長
・ LED 光源: 850 nm ± 30 nm, 1300 nm ± 20 nm
最大長さ測定
・ 12 km
長さ測定精度
・ ± 1.5 m プラス長さの ± 1 %
出力(公称)
・ ≥ -24 dBm (EF-TRC)
出力の安定性3
・ ± 0.05 dB(8 時間以上)± 0.03 dB(15 分以上)

【CertiFiber Pro シングルモード・モジュール】
テスト時間(参照時間を除く)
・ スマート・リモート・モード:< 3 秒(2 波長、一方向、自動波長検出)
・ 遠端光源モード:≤ 2 秒(2 波長、一方向、自動波長検出)
・ ループバック・モード:≤ 2 秒(2 波長、一方向、自動波長検出)
入出力コネクター
・ 交換型コネクター・アダプター(LC 標準、SC、ST、および FC オプション)
励振条件 注4,5
・ TIA-526-14-B、ISO/IEC 14763-3、および IEC 61280-4-1 に準拠したエンサークルド・フラックス
ファイバー・タイプ
・ シングルモード
光源タイプと波長
・ ファブリ・ペロー型レーザー・ダイオード: 1310 nm ± 20 nm, 1550 nm ± 30 nm
最大長さ測定
・ 130 km
長さ測定精度
・ ± 1.5 m プラス長さの ± 1 %
出力(公称)
・ ≥ -4 dBm
出力の安定性 注6
・ ± 0.1 dB (8 時間以上)、± 0.08 dB (15 分以上)

注 4. EF-TRC の出力において
注 5. EF 測定機器間にばらつきがある可能性がありますが、95% の信頼度で EF 規格適合が期待可能。
注 6. 一定温度で 15 分間のウォームアップ後のパワー・レベルを基準として

【共通仕様】
測定可能な波長
・ 850 nm、 1300 nm、 1310 nm、 1550 nm
パワー測定範囲
・ 0 dBm ~ -65 dBm (850 nm) 0 dBm ~ -70 dBm(他のすべての波長)
電力測定の不確実性 注7、8
・ < +/- 5% +/- 32 pW
測定リニアリティ 注9
・ < ± 0.1 dB
再校正周期
・ 1 年間

注 7. +/- 100 pW (850 nm)
注 8. 次の条件下において:パワー・レベル 100 μW (-10 dBm)、850 nm および 1310 nm で絶対電力の連続波 (CW)発散ビーム、NA = 0.20 (50/125 μm) および NA = 0.14 (9/125 μm)。周囲温度 23° ± 1°C。セラミック・フェルールが付属した SC/UPC コネクター。5 分間のウォームアップ後。NIST にトレーサブル。
注 9. 850 nm および 1310 nm で -3 dBm ~ -55 dBm。周囲温度 23° ± 1°C。5 分間のウォームアップ後。

■ 主要仕様
【可視光源 (VFL)】
出力パワー
・ >-5 dBm
・ <0 dBm
・ SMF-28 シンブルモード・ファイバー
・ 連続波
・ SC/UPC コネクター
作動波長
・ 650 nm 公称値
出力モード
・ 連続波
・ パルス・モード (2 Hz ~ 3 Hz 点滅頻度)
コネクター・アダプター
・ 2.5 mm ユニバーサル
レーザー安全性
・ クラスII CDRH
・ 稼働温度範囲において
■ 環境仕様
作動温度
・ -18° C ~ 45° C
保管温度
・ -30° C ~ +60° C
稼働相対湿度 (% RH 結露なし)
・ 0 % ~ 90 %、32 °F ~ 95 °F(0° C ~ 35° C)
・ 0 % ~ 70 %、95 °F ~ 113 °F(35° C ~ 45° C)
振動
・ ランダム、2 g、5 Hz ~ 500 Hz
衝撃
・ 1 m 落下試験(モジュール付きおよびモジュールなし、アダプター装着)
安全性
・ CSA C22.2 No. 1,010.1:1992
・ EN 61010-1 第 1 版、改訂 1、2
汚染度
・ 2
高度
・ 動作:4,000 m、保管:12,000 m
EMC
・ EN 61326–1

 

お問い合わせはこちらをクリック