第2回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 カメラの種類・形状とその特長
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

フルーク・ネットワークス FI-7000 FiberInspector™ Pro

フルーク・ネットワークス製品一覧はこちら

 

FI-7000-1

FI-7000 FiberInspector Pro を使用すると、端面を 2 秒で点検および認証できるため、測定や敷設作業を最初から正しく行うことができます。自動合否判定機能によって当て推量による判断が光ファイバー検査から排除されるため、誰でも光ファイバーの専門家と同じ技量で作業する事ができます。

コネクター端面の汚れは光ファイバー配線障害の一番の原因です。汚れは、挿入損失や後方散乱を引き起こし、それが光伝送を妨げ、トランシーバー間の信号伝送に甚大な障害を生じさせます。光ファイバー損失と OTDR テストによってこの問題を明らかにすることはできますが、接続部が汚れていると、概して、光ファイバー・テストに要する時間が増し、不正確な結果しか得られません。

汚れは光ファイバー配線の認証試験前、試験中、または試験後に問題となることがあります。コネクター嵌合時には片方の端面から別の端面に汚れが転写される場合があるため、接続部の両端を常にきれいにして試験する必要があります。さらに、汚れたコネクターを接続すると、微細な破片が物理的な接触により端面の間でつぶされ、これが端面の永久的な破損につながります。たとえ、工場で成端されたパッチコードやピグテールだとしても、保護キャップでは端面をクリーンな状態に保つことができないため、端面の検査が必要です。このような障害を避けるためには、バルクヘッドまたは装置のポートに挿入する前に、端面を検査し、汚れを除去することから始めなければなりません。


【特長】
■光ファイバー・コネクター端面の状態を 2 秒で自動合否判定
■光ファイバー・コネクター端面の状態を自動的に判定
■汚れ、へこみ、小片、および傷による問題箇所をグラフィカルに表示
■業界標準規格 - IEC 61300-3-35に基づき判定
■コネクター端面の状態確認から主観的判断を排除
■端面のイメージおよび判定結果を保存


【仕様】

■ 技術仕様

【検査プローブ仕様】
倍率
・ ~ 200 倍 (OptiFiber Pro ディスプレイを使用時)
光源
・ 青色 LED
電源
・ Versiv メインフレーム
視界 (FOV)
・ 水平:425 µm
・ 垂直: 320 µm
最小検出可能粒子サイズ
・ 0.5 µm
寸法
・ 寸法 約 1175 mm × 35 mm (アダプター・チップなし)
重量
・ 200 g
温度域
・ 動作:温度範囲 作動時: 0 °C ~ +50 °C
・ 保管:-4°F ~ +158°F (-20°C ~ +70°C)
認証
・ CE
■ 一般仕様
重量
・ 重量 メインフレーム(モジュールおよびバッテリーを含む): 1.28 kg
寸法
・ 重量 メインフレーム(モジュールおよびバッテリーを含む): 寸法 メインフレーム(モジュールおよびバッテリーを含む): 6.67 cm × 13.33 cm × 27.94 cm
バッテリー
・ バッテリー リチウムイオン・バッテリー・パック、7.2 V
バッテリー使用時間
・ 11 時間 (検査プローブ付き)
充電時間 
テスターの電源オフ時:10% から 90% までの充電に 4 時間
テスターの電源オン時: 6 時間 (充電量が 10 % から 90 % になるまでの時間)

■ 環境仕様
作動温度 注*
・ -18ºC ~ 45ºC
保管温度
・ -30ºC ~ 60ºC
作動高度
・ 4,000 m (13123 ft)
・ 3200 m、(AC アダプター使用時)
保管高度
・ 12,000 m
EMC
・ EN 61326-1
注* バッテリーの容量を維持するため、バッテリーを 1 週間を超えて -20 ºCより低温または、50 ºCより高温の場所に置かないでください。

お問い合わせはこちらをクリック