第2回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 カメラの種類・形状とその特長
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

ヤマト通信工業 MDF

 

②マルチMAX(本体のみ) ②マルチMAX(フルオプション)


【特長】
マルチMAX(YMM)はクローネ、QDF、UCS、BIX等主要な端子板全てに対応できるMDFです。
オープンタイプを基本としたフレームレス構造となっているため、連結部に『柱』がなく作業性に優れております。

取り付ける端子の数量、設置環境によって『片面タイプ』と『両面タイプ』よりお選びいただけます。
その他、オプションにて扉、側面板などを取り付けることによりキャビネットタイプにも出来ます。
また、PBX用MDF(P-2MDF)は取り付ける端子板の数量などによりバーチカル数、支柱間隔もお選びいただけます。
既設MDFの増設も可能ですのでお気軽にお問合せください。


【仕様】
■型番:YMM-SA
・品名:マルチMAX
・サイズ:W700mm×D350mm×H2000mm
・タイプ:片面
・支柱本数:2V
・塗装色:5Y7/1(ベージュ)

<マルチMAX MDF>
本体仕様

型 番 サイズ(mm) タイプ 支柱本数 重量(㎏) 対応端子
110 BIX クローネ QDF ブロック端子 200号UTS
YMM-SA W700
D350
H2000
片面 2V 57 ※注1 3200P
(3600P)
※注1 2200P
(2400P)
※注2
[1200P]
※注3
[16個搭載可能]
YMM-SB 3V 46 - - ※注4 2100P ※注4 2100P ※注5 24個搭載可能
(27個搭載可能)
YMM-WA W700
D600
H2000
両面 2V 82 ※注1 6400P
(7200P)
※注1 4400P
(4800P)
※注2
[2400P]
※注3
[32個搭載可能]
YMM-WB 3V 74 - - ※注4 4200P ※注4 4200P ※注5 48個搭載可能
(54個搭載可能)

※上記型番は標準品のオープンタイプになります。
※注1:110端子は100Pのみ取り付けられます。
    BIX端子は250P×4個、300P×4個=2200P(300P×8個=2400P)まで取り付けられます。
    ( )内は、上下のジャンパリングを外した最大時の数字です。
※注2:端子を搭載するには、YMM-KQA3が必要となります。[ ]内は、アダプターオプション使用時の数字です。
※注3:端子を搭載するには、YMM-BVA4が必要となります。[ ]内は、アダプターオプション使用時の数字です。
※注4:端子を搭載するには、特殊T型金物が必要となります。[ ]内は、アダプターオプション使用時の数字です。
    クローネ端子につきましてはバックマウントフレームにて取付の場合は上記の対数となります。
    プロファイルフレームにて取付の場合は対数が変わりますので、別途お問い合わせください。
※注5:端子を搭載するには、T型金物が必要となります。( )内は、上下のジャンパリングを外した最大時の数字です。

オプション品
■ドア、側面板、背面板
マルチMAXにドア、側面板および背面板を取り付けることで、キャビネットタイプにできます。

型 番 用途
YMM-DA アクリル扉
YMM-DS スチール扉
YMM-SPS 側面板(片面用)
YMM-SPW 側面板(両面用)
YMM-BP 背面板(片面用)

■端子取付アダプター
YMM-SA、YMM-WAに110及びBIX端子以外の端子を取り付ける場合に必要となります。
(1Vにアダプターは2個まで取り付けられます)

型 番 用途
YMM-KQA3 クローネ、QDF端子用アダプター ※注6
YMM-BUA4 ブロック、200号端子用アダプター ※注7

※注6:クローネ端子およびQDF端子は100P用バックマウントフレームがアダプターに3個取り付けられます。
※注7:ブロック端子および200号端子はアダプターに4個取り付けられます。

■端子取付金物
YMM-SB、YMM-WBにクローネ・QDF・ブロック及び200号端子を取り付ける場合に必要となります。
(1Vに8個まで取り付けられます)

型 番 用途
T型金物 ブロック、200号端子、クローネ端子 ※プロファイルフレームにて取り付けの場合。
特殊T型金物 クローネ端子 ※バックマウントフレームにて取り付けの場合。
QDF端子 ※マウントブラケットにて取り付けの場合

 

<PBX用MDF>

型 番 W(mm) D(mm) H(mm) タイプ
P-2 VA 180 350 2000 片面自立型
P-2 VB 片面自立型
特P-2 VA 2170 片面自立型
特P-2 VB 片面自立型
AP-1 550 両面自立型
P-3 220 350 2000 片面自立型

 

仕 様 型 番 内 訳 1Vあたりの端子板・弾器の収容数
片面自立型 (H:2000) P-2 MDF VA DF-40号ジャック盤 5個搭載
101、111号避雷器弾器 6個搭載
VB 200号試験弾器又は200号R端子板 9個搭載
片面自立型 (H:2170) 特P-2 MDF VA DF-40号ジャック盤 6個搭載
101、111号避雷器弾器 7個搭載
VB 200号試験弾器又は200号R端子板 10個搭載
両面自立型 (H:2170) AP-1 MDF (V-H):VA ※V側2列に対してH側は1列
V側:DF-40号ジャック盤 6個搭載 101号避雷器弾器 7個搭載
H側:200号試験弾器又は200号R端子板のみ搭載
(V-H):VB ※V側2列に対してH側は1列
V側:200号試験弾器又は200号R端子板 20個搭載
H側:200号試験弾器又は200号R端子板 10個搭載
(V-V):VA DF-40号ジャック盤 12個搭載
101、111号避雷器弾器 14個搭載
(V-V):VB 200号試験弾器又は200号R端子板 20個搭載
片面自立型 (H:2000) P-3 MDF VB UCSマガジン(10対10段) 7個搭載

 

お問い合わせはこちらをクリック