第2回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 カメラの種類・形状とその特長
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

岩崎通信機 放射線モニター SVシリーズ

SV-2000-s

放射線量の年間換算値がひと目でわかります。

measurement_icon

 

 

放射線量モニターSV-1000/SV-2000は、放射 線のうち、ガンマ(γ)線の放射線量を、精度 良く簡単に測定する携帯型測定器です。

非常にわかりやすい表示で、購入したそのときから、どなたでも使いこなすことが可能です。

SV-2000-s

■非常にわかりやすい表示
線量率の年間換算値をバーグラフ表示、グラフィカルなカラーバーと対比させることで線量レベルがひと目で判断できます。
※「独立行政法人日本原子力研究開発機構」特許発明(特許第4448944 号)を使用

 

■開発&生産ともに純日本製(福島県内工場)
独立行政法人日本原子力研究開発機構の特許発明並びに技術移転 を受けて自社開発。福島県の自社工場で生産しています。

 

■国家標準とトレーサブル
独立行政法人日本原子力研究開発機構の放射線標準施設を利用して開発しました。

 

■感度の違う2機種をラインアップ
シリコン半導体センサを使用した標準タイプのSV-1000 と、シンチ
レータを搭載した高感度タイプのSV-2000 を同時開発しました。
SV-1000:測定時間4 分間、99.99μSv/h までの測定が可能です。
SV-2000:測定時間1 分間、低い線量値でも安定した測定が可能です。

 

■乾電池による長時間使用
アルカリ単3 乾電池2 本で、約300 時間の使用が可能です。
※電池が無くなった場合でも積算線量はバックアップされています。
 電池交換後も継続して積算できます。

 

■JEMIMAガイドラインに適合
SVシリーズは、工業製品の放射能汚染を確認する方法についてのガイドラインに適合していますので、安心してご使用頂けます。
(JEMIMA:社団法人 日本電気計測器工業会)

 

お問い合わせはこちらをクリック