第5回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 ネットワーク・システム技術
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

NETSCOUT LinkRunner AT ネットワークオートテスター

LRAT-1000-Holding_c

LinkRunner AT

ネットワークオートテスター
LRAT-2000・LRAT-1000

 

 

 

メタルおよび光ファイバーのネットワーク接続性の迅速・完璧なテスト。

・10秒のオートテストでネットワークの接続性を正確にテストし、問題を特定
・ツイスト・ペアーと光ファイバーEthernetリンクを10、100およびギガビット・レートでネットワーク接続性テスト
・イーサネット・テスターでツイストペア・イーサネット・ケーブル長とワイヤーマップを検証
・負荷のかかったパワー・オーバー・イーサネットをTruePower™パワー・オーバー・イーサネット(PoE)テスターで測定
・最も近いスイッチとVLANを検出
・ネットワーク接続性テストの結果をネットワーク・テスターまたはクラウドに保存してゼロタッチでレポートを作成
・Link-Liveクラウド・サービスを使用して、ネットワーク接続性テストの結果、レポート、プロジェクト、スタッフの管理を合理化

NETSCOUT製品関連記事(外部リンク)

●現場でありがちな悩みを担当者がその場で解決
 東芝テックソリューションサービスがネットスカウト「AirCheck Wi-Fiテスター」を導入したワケ
 →記事を読む- INTERNET Watch

●ネットワークのトラブルシューティングを自動化 NETSCOUT「OneTouch AT」「AirCheck G2」
 →記事を読む- INTERNET Watch

●フルークからネットスカウトへ OneTouch AT G2 / AirCheck G2こそが企業ネットワークの"価値"を守る
 →記事を読む- INTERNET Watch

●ZDNet Japan副編集長がテスタのプロNETSCOUTに聞く
 “事例あるある”から見えるネットワーク障害解決のややこしさ
 →記事を読む- ZDNet Japan

 

概要

 LinkRunner ATネットワーク・オートテスターは、メタルおよび光ファイバーのネットワーク接続性テストを最も迅速かつ完璧に実行できるテスターです。
 この頑強な携帯型ネットワーク・テスターは、ボタン1つで実行できる包括的なオートテスト機能、ゼロタッチのLink-Liveクラウド・レポート作成機能を備えているため、トラブルシューティングやレポートの作成を迅速に行うことができます。

 LinkRunner ATネットワーク・オートテスターは、必要なネットワーク接続性テストを10秒で実行するため、ネットワーク接続性問題を迅速かつ正確に特定して解決できます。
 クラウド・レポート機能により、ネットワーク接続性テストの結果が自動的にLink-Liveクラウド・サービスにアップロードされ、レポート作成とプロジェクト管理を行えます。

 主な機能として、マルチユーザー設定のオートテスト、ケーブル長測定、ケーブル不良の位置と種類の特定、TruePower™ PoEテスター、10/100/ギガビット・レートでのEthernetの速度およびデュプレックスの検証、ツイストペアおよび光ファイバー・リンクのテスト、最寄りのスイッチの識別、DHCP、DNS、およびゲートウェイへの接続性テスト、ユーザーが選択する最大10つのターゲットに対するPingとTCPポートの接続性テストなどが挙げられます。

 ネットワーク接続性テストの結果は、ネットワーク・テスターに保存するか、またはゼロタッチでLink-Liveクラウド・サービスに自動的にアップロードすることもできます。
 Link-Liveクラウド・サービスを使用して、ネットワーク接続性テストの結果、プロジェクトおよびスタッフを管理できます。LinkRunner AT 2000ネットワーク・オートテスターは、最大1Gbpsまでのパケット・リフレクターとしても使用できます。

 

特長

◆迅速に答えを入手

オートテストで一連の接続テストを数秒で実行
オートテストで一連の接続テストを数秒で実行

3秒で起動し、必要な一連の接続テストを数秒間で実行するユーザ定義のAuto Testを備えたLinkRunner ATネットワーク・テスターを使用すると、ネットワークに関する問題を迅速かつ正確に特定し、解決することができます。

・PoE(銅線のみ)クラスのパワー・オーバEthernetテスター
・リンク速度とデュプレックス(実際値と公称値)
・RXペア、極性、および信号レベル
・802.1x認証
・最も近いスイッチの名前、ポート、VLAN、モデル、およびIPアドレス
・サブネットおよびDHCPサーバー・アドレスを含む、DHCPオートネゴシエーション
・IPv4およびIPv6アドレス
・ゲートウェイとDNSサーバーの可用性と応答性
・ユーザー指定の10個のターゲットに対するPingまたはTCPポートの接続性テスト

 

◆最も近いスイッチとVLANを検出

LinkRunner ATは、IEEEリンク・レイヤー・ディスカバリー・プロトコル(LLDP)ならびにCiscoやExtreme Networksのディスカバリー・プロトコル(CDPおよびEDP)を使用して、VLANや最も近いスイッチのモデル、スロット、およびポートを表示します。

LinkRunner ATには、次に示す、最近接スイッチに関する重要な情報が表示されます。

・スイッチの名称とモデル
・IPアドレス
・シャーシ、スロット、およびポート
・VLAN ID
・デュプレックスおよび速度(実際値および公称値)
・信号の強度
・接続(MDIまたはMDI/X)
・PoE電圧および電力(実際値およびテスト限界値)
・電源がオンになっているペアの図示

 

◆TruePower™ PoEテスト–パワー・オーバEthernetテスト

PoE の設定
PoEの設定

802.3at規格の最大25.5Wまで実際の電力を引き出すことで、PoE性能を迅速に検証することができます。スイッチ、ケーブル、パッチ・パネルにストレスを加えるために、回路負荷をかけて、電圧と使用中のペアを測定します。IPカメラ、AP、およびIP電話を設置する前にTruePowerによる能力の有効性を確認することで、円滑な実装が実現できます。

 

 

◆IPv4/IPv6アドレス指定

IP アドレス
IPアドレス

IPv4のDHCPオート・ネゴシエーション・プロセス、サブネット、およびDHCPサーバーを確認します。IPv6リンクのローカル・アドレスとグローバル・アドレス指定を確認します。

 

 

 

 

◆主要サービスとデバイスの接続性

Ping および TCP ポート接続
PingおよびTCPポート接続

LinkRunner ATは、PingまたはTCPポート開放テストを実行し、接続性を確認します。デフォルト・ゲートウェイ、優先DNSサーバー、代替DNSサーバーへの接続性のほか、応答時間が検証されます。ユーザーが指定する最大10台のターゲット・デバイス、サーバーまたはサービスへの接続は、Pingまたはユーザー指定のTCPポート番号を使用して試験されます。テスト結果には応答時間が含まれ、URLがターゲットとして使用された場合にはIPアドレスも含まれます。

 

◆802.1x認証

802.1xとMACアクセス制御リスト(ACL)を使用したセキュアなネットワークへのアクセスを検証します。同梱のLinkRunner AT Managerソフトウェアを使用して、802.1x EAPタイプの設定、証明書のダウンロード、およびパスワードの入力を行えます。

 

◆ケーブル長、ワイヤーマップ、および位置

Cable verification_1ケーブル位置
トーン信号発生機能、スイッチ・ポート・アドバタイズメント、スイッチ・ポート・リンク・ランプの点滅およびリモート・ケーブルIDにより、ケーブルの配線箇所を特定トーン信号発生機能は、アナログとデジタルのIntelliToneモード両方がサポートされます。

 

ケーブル・ワイヤーマップと長さ
内蔵ワイヤーマップ・ポートを使用してピン間接続を含むパッチ・ケーブルの検査、あるいは設置済み配線の長さ、短絡、断線、またはスプリット・ペアの確認を行います。

3つの異なる方法で、断線、短絡、誤配線、スプリット・ペアを簡単に見つけることができます。

・終端されていないケーブル
・WireViewケーブルID
・LinkRunner AT側にある内蔵ワイヤーマップ・ポート

 

◆パケット・リフレクター

Reflect01LinkRunner ATパケット・リフレクター・モードでは、エンド・ツー・エンドのネットワーク・パスのパフォーマンス・テスト中に本機をリモート・デバイスとして使用し、LANとWANのスループット能力(最高1Gbps)を検証できます。リフレクター・モードでは、MACアドレスやIPアドレスが交換されるように設定することもできます。

LinkRunner AT2000は次の製品のパケット反射をサポートしています。

・OptiView® XGネットワーク解析タブレット
・OneTouch™ ATネットワーク・アシスタント
・EtherScope™ネットワーク・アシスタント
・MetroScope™サービス・プロバイダー・アシスタント
・802.3フレームまたはIPパケット・ストリームを生成するデバイス

 

◆2モデル:LRAT-2000およびLRAT-1000

LinkRunner ATにはLRAT-2000とLRAT-1000の2つのモデルをご用意しています。LinkRunner AT 2000には次のような独自の*機能が装備されています。

・光ファイバーに対応
・TruePower™ PoE負荷試験
・IPv6対応
・リフレクター対応
・レポート数が10から50に増加

*これらの独自機能はLinkRunner AT 1000には追加できません。

 

◆テスト結果の表示と管理

Link-Liveレポート・モード
Link-Liveレポート・モードを有効にし、オートテスト結果をLink-Liveクラウド・サービスに自動的に送信します。この余計な手間を必要としないゼロタッチのレポート作成機能により、素早く簡単なレポート作成と一貫した結果保存が確実に実施できます。テスト結果にはコメントを追加できます。テスト対象のリンクの写真など、テスト結果に画像を追加することもできます。結果はプロジェクトの管理を簡素化するため、ジョブごとに個別のフォルダに自動的に保存することもできます。ネットワーク接続が失われた場合も、最大10件の結果がメモリ内に保存されるため、後で接続が復活した時に結果をアップロードできます。
 
Link-Live(リンクライブ)クラウド・サービス
Link-Liveは、LinkRunner AT向けに重要なテスト結果の管理およびレポート機能を追加費用なしで提供します。大規模な分散環境において、作業状況の確認、プロジェクト管理、フリート管理を簡単に行うことができます。テスト結果は自動的に安全なLink-Liveクラウド・アカウントに送信されるため、IT部門は迅速かつ簡単にネットワークの文書化、パフォーマンスの証明、さらに効率的な作業管理と要員管理を改善を実現できます。また、すべてのテスト結果は即座に電子メールで送信されるため、技術者はテスト情報を注記したり、写真を添付したりできます。その注記は自動的にLink-Liveの記録に追加され、各リンクのパフォーマンスを詳細に把握でき、また、スイッチのスロットやポートに直接エンドポイントの画像(壁のコンセント、デバイス、シリアル番号など)をマッピングできます。
 
Link-Liveクラウド・サービスの特長:

・年会費なしの無料サービス
・テスト結果の管理、分類および分析
・時間、ユーザー、ネットワーク、デバイス、エラー、および機器別に結果をフィルタリング
・テスト結果にコメントや写真の追加
・テスト結果を指定フォルダに自動仕分け
・プロキシのサポート
・最大10つのテスト結果のバッファリング
 
 
ローカル・レポート・モード
ローカル・レポート・モードを有効にすると、テスターにオートテスト結果を簡単に保存できます。それぞれのテスト結果に固有の名前を付けて保存できます。保存できる最大結果数は、LinkRunner ATモデルによって異なります。ミニUSBポートを介してテスターとPCを接続し、LinkRunner AT Managerソフトウェアを使用して、保存された結果を表示・管理できます。
 
 
LinkRunner AT Managerソフトウェア
ローカル・レポート・モードを介してテスター本体にローカルに保存されたオートテストの結果については、LinkRunner AT Managerソフトウェアを使用して、テスト結果、テスト・レポート、およびテスターの管理と分析を容易に実行できます。LinkRunner AT Managerソフトウェアは、Windows(R)PC用アプリケーションです。
 
LinkRunner AT Managerソフトウェアの機能:

・テスターにローカルに保存されたテスト結果を表示
・テスターからローカル・ドライブにテスト結果を移動
・PDF、CSV、およびHTML形式でレポートを生成
・オートテスト・プロファイルの設定
・テスターとローカル・ドライブ間でオートテスト・プロファイルを移動
・スクリーン画像のキャプチャー
・テスターのファームウェアを更新

 

◆多言語サポート

LinkRunner ATは、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、日本語、簡体字中国語などの複数の言語でサポートを行っています。多言語サポートには、LinkRunner ATのユーザー・インターフェース、入門ガイド、ユーザー・マニュアル、および LinkRunner AT Managerの付属ソフトウェア、ヘルプ・ファイル、およびユーザー・レポートが含まれます。

 

仕様

環境
動作温度と相対湿度0ºC~+45ºC(32ºF~113ºF)注記:テスターの内部温度が45℃(113ºF)を超える場合、バッテリーは充電されません。
稼動時相対湿度(%RH結露なし)90%(50ºF~95ºF、10ºC~35ºC)75%(95ºF~113ºF、35ºC~45ºC)
保管温度-20ºC~+60ºC
衝撃および振動ランダム、2g、5Hz~500Hz(クラス2)1m落下テスト
安全性EN61010-1 2版
安全性(LR-AT 2000のみ)EN/IEC60825-1:2007、EN/IEC60825-2:2004+A1:2007(LRAT-2000のみ)
高度4,000m;保管:12,000m
EMCFCC Part15クラスA、EN61326-1
認証とコンプライアンス欧州連合の関連指令に準拠、オーストラリアの関連規格に準拠、カナダの規格連合にリスト

 

一般
メディア・アクセス、銅線RJ-45:10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T 、PoE(IEEE802.3afおよび802.3at)、100BASE FXおよび1000
メディア・アクセス、光ファイバーSFPアダプタ・ポートは、100BASE-FXおよび1000BASE-LX/SX/ZX(LRAT-2000のみ)をサポート
ケーブル・テストペアの長さ、断線、短絡、スプリット、クロス、ストレート、ケーブル ID
PoE(パワーオーバーイーサネット)シングルエンド・テスト:
  • IEEE802.3atクラス0、1、2、3、4(LLDPネゴシエーションなし)、または4(LLDPネゴシエーションあり)のユーザー定義テスト
  • 以下の PSE PoEパラメータが測定されます。
    • 使用ペア
    • 受信クラス
    • PSEタイプ
    • 無負荷電圧(V)
    • 負荷電圧(V)(LRAT-2000、TruePower™試験時)
    • 無負荷電力(W)(LRAT-1000)
    • 負荷電力(W)(LRAT-2000、TruePower™試験時)
トーン・ジェネレーターIntelliToneデジタル・トーン:[500KHz]、アナログ・トーン:[400Hz、1KHz]
寸法8.9cm x 19.8cm x 4.8cm(3.5in x 7.8in x 1.9in)
重量0.5kg(18オンス)
バッテリー交換可能、充電式リチウムイオン・バッテリー・パック(18.5W/時)(導入特別プランに含まれる)
バッテリー使用時間代表的な動作寿命は6時間、代表的な充電時間は3時間
外部ACアダプタ/充電器AC入力 90~264Vac48~62Hz 入力電力 DC出力15Vdc(1.2A)
ディスプレイ2.8インチ・カラーLCD(320 x 240ピクセル)
キーパッド合成ゴム製12キー
LED2LED(リンクおよび受信/送信インジケータ)
ホスト・インターフェースUSB、5ピン、ミニB

 

LinkRunner Managerソフトウェア
対応オペレーティング・システムWindows®Vista、Windows®XP、Windows®7、Windows®8
プロセッサー400MHz Pentiumプロセッサーまたは同等品(最小)、1GHz Pentiumプロセッサーまたは同等品(推奨)
RAM96MB(最小)、256MB(推奨)
ハードディスク最高500MBの空き容量が必要
ディスプレイ1024 x 768ハイカラー、32ビット(推奨)
お問い合わせはこちらをクリック