第2回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 カメラの種類・形状とその特長
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

サクサ SS3000Ⅱ 統合脅威管理アプライアンス(UTM)

ss3000Ⅱ


最強のセキュリティで、   
あなたのオフィスを守ります。
SS3000Ⅱ  

ビジネスに安心をもたらす最強のネットワークセキュリティを。
オフィスのネットワークセキュリティに必要な機能を1台に集約。
外部からの攻撃や内部からの情報漏えいを防ぎます。

 

 

icoss3002■ウイルス定義ファイルの5年間自動更新(Plusは6年間、Plus+は7年間)
■世界トップクラスのエンジン(カスペルスキー)搭載
■カテゴリ選択による簡単URLフィルタリング機能
■対策パッチが公開される前の攻撃を検知(ゼロデイ攻撃対策)
■メール添付ファイル自動暗号化機能

 

機能イメージ

あなたのPCをおびやかす脅威は今も増え続けています。

fun01情報漏えい

インターネットの情報(データ)は、第三者に盗み見られる可能性があります。
・オンラインショッピングでクレジットカード番号が盗まれる。
・電子メールが盗み見られる。 

 

fun02不正アクセス

インターネットに接続したサーバは悪意ある人から侵入の標的になる場合があります。
・機密情報や顧客情報などの重要データが漏えい。
・Webページが改ざんされる。
・社内カメラが閲覧される。

 

fun03なりすまし

銀行や有名企業を騙ったなりすましメールで偽サイトへ誘導し、IDやパスワードをだまし取られる可能性があります。
・不正にシステムにアクセスされる。
・詐欺の被害にあう。

 

fun04改ざん

電子データは紙に書いた情報と違い、不正にアクセスされ、改ざんされる可能性があります。
・品物を発注する際に、情報が改ざんされて相手に届く。

 

 

SS3000Ⅱが確実にブロック!

block


P2P*、メッセンジャーアプリの防御SS3000 p2p
SS3000はP2P通信を遮断することができるので、セキュリティ対策を行っていない相手や悪意のある相手からのウイルス感染を防ぐことができます。
*P2Pとはインターネットを介して相手のパソコンと1対1で通信を行い、画像などのファイル交換を行うソフトウェア。

SS3000 urlURLフィルタリング機能
SS3000はあらかじめ指定したホームページカテゴリを選択することにより、ホームページへのアクセスを禁止できるので、業務効率の低下を抑えることができます。ギャンブルウェブサイト、アダルトサイト、麻薬関連など、50以上のカテゴリにてURLフィルタリングが可能です。

SS3000 webWebアンチウイルス機能
SS3000はホームページを閲覧するときの通信を監視します。閲覧している画像やダウンロードするファイルにウイルスが混入していないかチェックします。



SS3000 no迷惑メールブロック機能
不要な広告やウイルスが添付されたメールをブロック。業務効率の低下や偽造ホームページなどでのIDやパスワードの盗難を防ぎます。



SS3000 idp

IDP(侵入検出、防止)機能
IDPとは、Intrusion【侵入】Detection【検出】and Prevention【防止】の略。インターネット上からのさまざまな攻撃から守ります。



SS3000 firewall
ファイアウォール機能
データ通信の状況や利用するソフトウェアなどにより、社内ネットワークにデータを通過させるか否かを判断し、不正なアクセスを防ぎます。

 

対策パッチが公開される前の攻撃を検知(ゼロデイ攻撃対策)

ヒューリスティック検知
・「パターンファイル」を使わずに、プログラムの構造や動作(ふるまい)を解析することで、ウイルスかどうかを判定します。

電子メールが盗み見られる。
・仮想環境内で、不審なプログラムを動作させることで、ウイルスかどうかを判定します。

zero

 

特長

機能追加

メール添付ファイル自動暗号化機能追加

添付ファイルを暗号化して、メール送信が可能です。その後、パスワードメールを送信します※。

img05

 

機能UP

ホワイトリスト登録の簡略化

URLアクセス/メール受信時に、誤って規制・スパム判定された場合は、その場で管理者権限規制解除が可能です。

img06

 

基本機能強化

情報漏えいには万全の対策を取っておきたい。

UTMのセキュリティ機能をさらに強化。世界トップクラスのエンジン(カスペルスキー)を搭載しています。

img01

 

PLATIA/SB2000連携

ウイルスの防御状況を確認できると安心なのだが…。

ウイルスの防御状況や迷惑メールを遮断した内容を、手元のPLATIAで確認できます。

img02

 

リモート保守

導入した後もスピーディーにサポートしてくれるの?

障害時など、サポートセンタへのお問い合わせに対して、リモートで迅速に対処します。

img03

 

パトライト®連動

ウイルスからの攻撃があったら、すぐに知りたい!

さまざまな脅威による攻撃を受けると、パトライト®が点灯/点滅して周囲にすぐに知らせます。

img04

 

サクサUTM見える化ツール

お客様専用のWebページをご用意し、「脅威からの防御状況」を分かりやすく表示。
導入効果を簡単・手軽、しかも視覚的に把握できます。

■SS3000Ⅱご購入のお客様には追加費用なしでご利用いただけます。

■Webでの確認ができるので、タブレットなどでも利用できます。

■特別なツールのインストールなどは不要です。

tool

さまざまな脅威からの防御状況を、ランキング形式で表示

見える化ツールでは、全体の防御状況以外にも、種別ごとのランキング形式で表示できます。また、「詳細」ボタンクリックで、各脅威の詳細情報も表示可能です。例えば、アプリケーション制御の詳細画面では、「表示種別」をアプリケーション単位で表示させたり、そのアプリケーションの使用者単位で表示することで、状況を把握し、的確な対策を立てることができます。

tool_img01

確認できる防御項目

●アンチウイルス・・・・・・・・・・・・・ウイルス名
●アンチスパム・・・・・・・・・・・・・・送信元メールアドレス
●IPS攻撃(不正侵入防御)・・・・・攻撃対象ソフトウェア名
●Dos攻撃(攻撃防御)・・・・・・・・自社への攻撃回数
●URLフィルタリング・・・・・・・・・・アクセス制限したサイトのURL
●アプリケーション制御・・・・・・・・通信制限したアプリケーション

<その他、以下項目も表示>

●脅威の全体傾向確認:同サービスご利用のお客様の統計情報から全体の傾向を把握

●セキュリティニュースの表示

 

詳細レポートファイル出力で、ブロック状況を毎月把握

見える化ツールから、詳細レポート(PDF形式)をダウンロードできます。また、指定したメールアドレスに対して、セキュリティ結果を毎月送信することも可能です。資料化することで、Webアクセスの必要がなく、社内会議などで使用できるので便利です。

tool_img02

 

機能UP

見える化ツールの情報表示拡張

より詳細な内容を確認できます。現状の脅威を把握することで、迅速な対策を立てることができます。

tool_img03

 

ラインアップ

 

Std

Pro

標準PlusPlus+(α)(α)
Plus
(α)
Plus+
標準PlusPlus+(α)(α)
Plus
(α)
Plus+
PC同時接続推奨台数1560
Wi-Fi搭載
ウイルス定義ファイル自動更新年数567567567567
αScanソフトウェア
ライセンス
151515303030
606060

※オプションで追加30ライセンスあり。
※SS3000Ⅱ本体とαScanの自動更新数は同じです。
※オプションで先だしセンドバック保守契約あり。

 

scan

 

 

エンドポイントセキュリティ

マルウェア(Malicious Software)とは、ウイルスはもちろん、不正侵入や情報漏えいにつながるスパイウェアなどの不正プログラムやファイル交換ソフトなどです。これにより、迷惑メールの発信源にされたり大量のデータを送出して、プロバイダーから契約停止になる事例も増加しています。

ウイルス対策

不正プログラム対策

危険なプログラム対策

高い検知力で、あらゆる侵入経路から、ウイルスの侵入を防ぎ、駆除します。

ウイルス対策製品では見つかりにくい、スパイウェアなどのプログラムを検知、駆除します。

ファイル交換ソフトによる情報漏えい事件が後を絶ちません。8,000種以上のファイル交換ソフトを隔離します。

 

集中監視セキュリティ「パソコン集中管理機能」

img01更新期日が過ぎていないか、最新のウイルスデータをアップデートしているか、 検知したウイルスをきちんと処理しているかなどの煩わしい作業を管理者に代わってすべて自動で実行し、各クライアントパソコンを常にSS3000Ⅱ最新のセキュリティレベルに保ちます。

 

USBセキュリティ「挿入時オートスキャン機能」

img03USBメモリは手軽で便利なツールである反面、マルウェアを媒介させる危険なツールにもなります。ARCは、USBメモリの実行時に自動でスキャンし、問題があれば警告します。

 

 

内部統制セキュリティ「パソコンの業務内容を日報形式で管理者へメール送信」

img02業務に無関係な操作を監視・抑止することがコンプライアンス上とても大切です。
●パソコンの利用時間統計
●パソコンの利用アプリケーション統計
●インターネットの閲覧履歴ログ
●プリントへの透かし印刷、利用制限
●プリンタの出力履歴ログ

 

仕様

定格StdPro
本体寸法(mm)約290(W)×43(H)×180(D)mm ※突起物およびアンテナを除く
重量(Kg)約2kg
環境温度0~40℃
相対湿度20~80%(結露しないこと)
電源/周波数AC100V 50/60Hz
最大消費電力40W
EMI/認証日本:VCCI-A、JATE、電波法
PC同時接続推奨台数15台60台
スループットファイアウォール:1Gbps/アンチウイルス:150Mbps/IPS:300Mbps
インターフェースUSB2.0×1 WAN:10/100/1000Mbps×1
LAN:10/100/1000Mbps×7(メンテナンス専用ポート×1含む)
※メンテナンス専用ポートにはお客様のネットワーク機器を接続できません。
無線LAN規格IEEE802.11a/IEEE802.11g/
IEEE802.11b/IEEE802.11n
周波数帯域:5GHz帯、2.4GHz帯
付属品ACアダプタ DC12V/3.3A
オプション品据置用品(スタンド)/壁掛用品(Wall)

仕様は予告なく、変更する場合があります。

 

αScan エンドポイントセキュリティ動作環境
クライアントプログラム動作環境OSWindows 10/8.1/8/7/Vista、Windows Server 2012/2008(32/64ビット版)
CPUIntel Pentium4 1.3GHz相当以上
メモリ空き容量256MB以上
ディスク空き容量インストール時に300MB以上
WEB環境

Internet Explorer 9以上
[注意事項]
マシンへのログオン時のみ、すべての機能が利用可能です。
マシン速度、環境により十分なパフォーマンスが発揮できない場合があります。

管理マネージャー動作環境WEB環境Internet Explorer 9以上
画面解像度1,024×768以上

 

本製品はネットワーク上の脅威に対してそのリスクを低減させるための装置です。本製品を導入することによりその脅威を完全に取り除くことを保証するものではありません。
お客様の環境により別途HUBが必要な場合があります。
各種セキュリティ機能の有効期限は使用開始からSS3000Ⅱ Std/SS3000Ⅱ Pro/SS3000Ⅱ Std( α) /SS3000Ⅱ Pro( α) は5年間、SS3000Ⅱ Std Plus/SS3000Ⅱ Pro Plus/SS3000Ⅱ Std( α) Plus/SS3000Ⅱ Pro( α) Plusは6年間、SS3000Ⅱ Std Plus+/SS3000Ⅱ Pro Plus+/SS3000Ⅱ Std( α) Plus+/SS3000Ⅱ Pro( α) Plus+は7年間となります。有効期間が 経過すると機能が停止したり、定義ファイルが更新されないなど、脅威の防御効果が著しく減少してしまいますのでご注意ください。
本製品に多くのトラフィック負荷がかかると、回線速度が低下する場合がありますのでご注意ください。
本製品はフレッツ光ネクスト、Bフレッツ、フレッツADSLで提供しているIPv6サービスには対応しておりません。
ウイルスブロック/迷惑メール検知は本製品を経由するWeb、またはメール送受信に対して実施をいたします
本製品は、外国為替および外国貿易法で定める規制対象貨物・技術に該当する製品です。この製品を輸出する場合または国外に持ち出す場合は、日本国政府の輸出許可が必要です
本製品の補修用性能部品の最低保有期間は、販売終息後7年です。
Windowsは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
Intel、Pentiumは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
カスペルスキー、Kasperskyは、Kaspersky Lab ZAOの商標または登録商標です。
PATLITEおよびパトライトは、株式会社パトライトの商標または登録商標です。
仕様は予告なく変更する場合があります。
ユーザマニュアルは販売店様へ確認してください。

お問い合わせはこちらをクリック