第2回公開!分かる!ネットワークカメラ基礎講座 カメラの種類・形状とその特長
お申込・お問合せはこちら お得な情報満載!販売店様専用サイトをフル活用できます!

富士通 マイナンバー業務システム連携PC「AZBOX(アズボックス)」

azbox

マイナンバー業務システム連携PCはマイナンバー業務用として最適化されたPCです。
○手のひら静脈認証により、OS/人事給与システムに簡単且つ安全にログインできます。
○必要なセキュリティ対策を事前にセットアップして提供します。

 

マイナンバー取扱いに際して企業がしなくてはいけない対応

企業はマイナンバー及び特定個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止その他の適切な管理の ために必要かつ適切な安全管理措置(情報セキュリティ対策)を講じなければなりません。 ⇒「マイナンバー業務システム連携PC」は下記の「技術的安全管理措置」に対応しています。

 

■特定個人情報の取扱いに関する安全管理措置

guideline

 

 

技術的安全管理措置とは

「技術的安全管理措置」とは下記4項目のセキュリティ対策で構成されています。

技術的安全管理措置 ガイドライン概要
 ①アクセス制御 情報システムを使用して特定個人情報等の業務を行う場合、事務取扱い担当者及び当該事務で取り扱う特定個人情報ファイルの範囲を限定するために、適切なアクセス制御を行う
 ②アクセス者の識別と認証 特定個人情報等を取り扱う情報システムは、事務取扱い担当者が正当なアクセス権を有するものであることを、識別した結果に基づき認証する
 ③外部からの不正アクセスなどの防止 情報システムを外部からの不正アクセス又は不正ソフトウェアから保護する仕組みを導入し、適切に運用する
 ④情報漏えい等の防止 特定個人情報等をインターネット等により外部に送信する場合、通信経路における情報漏えい等を防止するための措置を講ずる

マイナンバー業務システム連携PC「AZBOX」は、
これら「技術的安全管理措置」に準拠しています。

▼

マイナンバー業務システム連携PC
「AZBOX」の主な対応
 ①アクセス制御 ・手のひら静脈認証(なりすまし防止)
 ②アクセス者の識別と認証 ・アクセスログ管理
 ③外部からの不正アクセスなどの防止 ・URLフィルタリング(有害サイトアクセス防止)
・ウイルス対策(マルウェア対策/ふるまい検知)
・メール機能非搭載(標的型メール攻撃対策)
・マイク/WEBカメラ非搭載(盗聴・盗撮防止)
 ④情報漏えい等の防止 ・USBポート制限
・Bluetooth/無線LAN非搭載
・HDD暗号化

 

マイナンバー業務システム連携PC「AZBOX」機能一覧

セキュリティ対策機能 目的
 ①手のひら静脈認証 「なりすまし」防止し、登録された担当者のみ操作可能
※マイナンバー関連システムと連携し、ID/PWを入力することなくログオンが可能
 ②マルウェア対策機能 既知のマルウェアに対応したセキュリティ対策
 ③ふるまい検知機能 未知のマルウェアに対応したセキュリティ対策
 ④メール機能非搭載(Office非搭載) 標的型メール攻撃・マクロウイルスによる情報漏洩を防止
 ⑤USBポートの制限 USB経由でのデータの抜き取りによる情報漏洩を防止
※1つのポートについて、有線マウスのみ接続可能設定
 ⑥URLフィルタリング 事前設定されたサイト以外のアクセスを禁止し、有害サイトによるウイルス感染を防止
 ⑦Bluetooth/無線LAN非搭載 外部からの侵入、データ持出しを防止
 ⑧マイク/WEBカメラ非搭載 盗聴/盗撮による情報漏洩を防止
 ⑨アクセスログ管理 万が一問題が起きた際に証跡調査可能(いつ/誰が/何を)
 ⑩HDD暗号化 紛失時の情報漏えいを防止

syuuyaku予めセットアップして提供
(オールインワン)

マイナンバー業務「手のひら静脈認証」PC導入事例

手のひら静脈認証

手のひら静脈認証により、利用者はID/PWを入力することなくシステムへのログインが可能です。
①パソコンへのログオン(Windowsログオン)
②人事給与システム等、マイナンバー関連システムへのログイン

tenohira_joumyaku

※対応システム:
GLOVIAsmartきらら人事給与(オンプレ/SaaS)/給与奉行i8/人事奉行i8/法廷調書奉行i8/給与大臣NX
(検証により対応システムは随時追加予定ですので、最新情報をご確認ください)

※富士通の最先端技術「手のひら静脈センサー」
・手のひらの静脈は本数が多く複雑なため、生体認証の中でも高い精度の識別が可能です。
・更に、認証スピードは「2秒以内」と迅速に本人確認が可能です。
・銀行ATMの個人認証や、自治体における住基ネット担当者の認証に適用されるなど、多くの分野で「なりすまし」防止対策に適用されています。

 

 

なぜ手のひら静脈認証なのか?

tenohiradekaiketu

 

 

手のひら静脈の特長

joumyaku1.高い安全性 Safety

■静脈は指紋とちがって体内の情報なので盗まれにくい
 •体内情報のため指紋のように残留することがない
■静脈は万人不同、指紋のように経年変化しない
 •血管の太さや大きさは成長にともない変化するが、模様は変化しない(相似形)


 

joumyaku022.高い認証精度 Accuracy

■『手のひら』は認証精度を高められる
 •静脈本数が多く、複雑に交差しているため、高い認証精度を期待できる
■寒さに強い認証方式
 •血管が太いため、指の静脈に比べ寒さの影響が少ない


joumyaku033.高い受容性 Acceptance

■手のひらは、誰でも、いつでも認証に使える部位
 •静脈のない人はいない(指紋は、無い人、薄い人がいる)
非接触で認証、衛生的かつ誰でも抵抗感なく使える
■手をかざすだけの簡単な操作


 

 

留意事項/PC主要スペック

・「マイナンバー業務システム連携PC」はマイナンバー関連業務専用パソコンとして提供するため、 メール機能を含むOffice製品を搭載していません。Office製品を別途インストールすることは可能ですが、 セキュリティの観点から、通常業務については、現在お使いのPCで行うことをお勧めします。

・メール機能を利用したマイナンバー収集サービスなどには対応していません。別の方法(ファイルサーバを 利用するなど)で収集を行ってください。

・有害サイトアクセスによるウイルス感染を防止するため、予め設定されたサイト以外へのアクセスができま せん。「奉行iメニュー」など各PKGベンダー提供サービスの一部が利用できないケースがありますので ご注意ください。利用できないサービスについては、既存PCにて利用してください。

・情報漏洩対策のため、USBメモリなど外部記憶デバイスの使用はできません。

・外部からの侵入、データ持出しを防止するため、Bluetooth/無線LAN機能は非搭載しています。 有線LANのみ利用可能です。

・PC主要スペックは以下の通りです。

 ベースモデル  LIFEBOOK A744/K(A4ノート)
 液晶サイズ  15.6型ワイド
 CPU  インテルCorei3
 メモリ  4GB
 HDD  320GB(暗号化機能付)
 光学ドライブ  DVD-ROM(書き込み不可/着脱不可)
 キーボード  日本語テンキー付きキーボード
 搭載OS  Windows8.1Pro(64bit)
お問い合わせはこちらをクリック